スポンサーリンク
カテゴリー別に記事を読む

ファイターペディア オレクサンドル・ウシク

toe2toeのYouTubeチャンネル
ファイターペディア
スポンサーリンク

オレクサンドル・ウシク

データ

17勝13KO
32歳
ウクライナ
身長190cm
リーチ198cm
KO率76%

ロンドンオリンピックの金メダリスト。
プロ10戦目にしてクルーザー級の世界タイトルを奪取。
現在はヘビー級。

特徴

オリンピック金メダリストでクルーザー級4団体統一王者。
ヘビー級のデビュー戦をKOで飾り豊富な運動量と機動力のアドバンテージは見せつけたものの、やはりヘビー級の王者達と競い合うにはパワーに不安を残しました。

ロマチェンコと幼い頃からの友人でプロでの実績を競い合います。
ロマチェンコと同じような特徴があります。

勤勉さ

打ち終わりは横へ動く、ガードは上げる、動き続けるといった基本的な習慣があります。
ロマチェンコ同様ウシクは当たり前のことをサボりせん。
誰もが忘れている基礎基本が徹底できるこの勤勉さこそが彼の強さの根源となっています。

運動量

足と手が良く動き、動きながらパンチの弾幕を張ることができます。
クルーザー級からヘビー級にかけてのこれ程の運動量は例がなく誰もついていくことができません。

序盤は瞬発力で対抗できても終盤にかけて少しづつ差がでてきます。

ボクサーがローキックをかっとできないように、体験したことがないことには対応できません。

この持久力は地味できついトトレーニングの成果です。 練習においてもウシクは真面目なはずです。

フットワーク

これまた重量級とは思えない機動力で横へ横へ逃げていくので捕まえることが困難です。
ロマチェンコと同じく弾幕で動きを止めて相手の死角へ逃げていきます。

弱点

クルーザー級では感じませんでしたが、ヘビー級の最高峰と渡り合うには体格とパワーに不安が残ります。
ヘビー級のパワーはウシクが積み上げてきたものを一度の攻撃で粉々に破壊してしまいます。

距離が遠く一撃必殺のワイルダー、ハンドスピードならウシクと互角で相打ちのカウンターを得意とするルイズ、その他に迫っているヘビー級トッププロスペクトと戦えばどこかで当たってしまうイメージが湧いてしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました