スポンサーリンク
カテゴリー別に記事を読む

テレンス・クロフォードvsエギディウス・カバリアウスカス 

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース
スポンサーリンク

クロフォードvsカバリアウスカス

12/15に決定したようです。
ウェルター級のタイトル戦はホーン、べナビデス、カーンをKOし調子の良いクロフォードですが今回の相手は簡単にKOとは行かないでしょう。
元々スーパーライト級のべナビデスのサイズとフィジカルに手を焼いたクロフォードです。
アマチュアの国際大会をウェルター級で戦ってきたカバリアウスカスのフィジカルは過去最強でしょう。
ホーンのタックルともまた違う怖さがある強靭な相手です。

クロフォード
カバリアウスカスを軽く見ることをできない。
二度のオリンピック出場者だ。
彼に失うものは何もない、そんな相手が一番怖いんだ。
俺はいつだって相手を軽く見たことはない。
今回だってそうだ。

彼が何を持ち込もうとも対応してみせる。

挑戦するのはリトアニアの暴風カバリアウスカス。
前回はウェルター級の門番レイ・ロビンソンと引き分けました。
まあロビンソンは怖さはありませんが難しい選手ではあります。

カバリアウスカス
俺はこの日のためにボクシングに打ち込んできた。
クロフォードは優れたファイターだ。
だが、俺は何者も恐れない。
俺はまだベストを見せていない。
俺を除いた、世界を驚かせる。
このタイトルは俺のもの、ここからは俺の時間だ。

ようやくリトアニアのカバリアウスカスのベルトへの挑戦です。
ウェルター級は最激戦階級、甘い王者は一人もいません。
クロフォードはPFPの上位に名を連ね1位に推す声も多い選手、勝てば一気に名を売ることができます。
今年は大から小までのアップセットが多い。
これがラストチャンスになるかもしれないカバリアウスカスを応援です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました