スポンサーリンク
カテゴリー別に記事を読む

スーパーライト級最強 ランキング

toe2toeのYouTubeチャンネル
ランキング
スポンサーリンク

超激戦階級です。
テイラーvsプログレイ
の決着がついたので更新。

超混戦、順位がつけられない

スーパーライト級

61.235 – 63.503kg

1位 ジョシュ・テイラー

16勝12KO
28歳
178cm
KO率75%

178cmの長身で足と手の両方が速い選手ですが、無理なく速さを生み出す技術があり自然体です。
連打型でバランスの取れたKO型なのが魅力。
長身ですが相手のパンチを掻い潜るのが非常に上手く、スピードのあるパンチに角度をつけるコンビネーション、ボディーブローの上手さ。
フックやアッパーカットを小さな場所に滑りこませて叩ける精密な攻撃はKO率も納得の完成度です。
ポストル戦では苦しみながらもダウンを奪って逆転、ポストルと渡り合う技だけでなく気持ちの強さ、勝負強さも証明、wbssをプログレイを決勝で下して制覇。
プログレイの強打を恐れず接近戦で打ち合いを選択、豊富な運動量でプログレイの強打を封じ込めました。
上手さと強さを兼ね備えた選手です。

Josh Taylor – Highlights / Knockouts

2位 レジス・プログレイ

24勝20KO1敗
31歳
171cm
KO率80%

パンチ力は桁外れで全階級最強の議論に挙げられるであろう異常なパンチです。
それに加えて柔軟なヘッドムーブがあり守りも良く、インドンゴ戦のラフなファイト、フラナガン戦の安全なファイトができることも評価しました。

激しく戦うよりはうまくスマートに戦うことを志向する選手でテイラーの豊富な運動量と手数に手を焼いてポイントを奪われました。
しかし接戦でクリーンヒットを奪わせないディフェンスとパンチ力を評価しプログレイの勝ちとするファンもいます。

ラミレスと戦えばプログレイのスピードでは打ち合いは避けられないような。
頑丈さでラミレスが上を行きそうな気もしてきたな。

Regis Prograis HIGHLIGHTS vs terry flanagan

2位 ホセ・ラミレス

25勝17KO
27歳
178cm
KO率68%

速射砲のような連打が彼の最大の武器だと思っていましたが、間違いでした。
最大の武器は心身の強靭さです。
ここ数戦の戦いっぷりは凄まじく生物としての強さを感じます。
一撃の破壊力はプログレイ、スピードやスキルはテイラーだと思います。
しかし闘争心と頑丈さ、なにより無尽蔵なスタミナがあるので底なし沼の消耗戦に引きずり込んでしまうイメージが湧いてきました。
12ラウンズ、ラミレスとノンストップの殴り合いは…想像を絶する悪夢でしょう。

彼に勝つなら一撃で意識を断ち切るパワーかタイミングが必要です。
プログレイはパワー、テイラーはスピードとタイミングを持っています。

Jose Ramirez Jr. vs Antonio Orozco Highlights | 07/09/2018

4位 ショージャホン・エルガシェフ

17勝15KO
27歳
179cm
KO率88%

平均2.8回で相手を仕留める超速攻型のイカれたパンチャーです。
しかし、マイカル・フォックス戦では欠点も晒しました。
自慢のパワーで押しましたがフォックスの方が上手く試合をコントロールしていました。

ジミン・ワンの試合では辛抱強いワンの右を何度も浴びていました。
パンチのある選手だと致命的に見えるパンチも。

パワーと思い切りの良さでここまで来ましたが、そろそろそれだけでは限界が見えてきました。
本来技術もあるはずなのでそろそろ変えていかないといけない時期ですね。

Shohjahon Ergashev highlights

5位 マリオ・バリオス

25章16KO
24歳
178cm
KO率66%

生粋のカウンターパンチャーでその大きな抑止力のお陰で今までは苦戦らしい苦戦はありませんでした。
しかしバリオスの気迫のこもった猛攻に弱点を露呈。
精神面では劣勢で集中力を切らすなど、勝利への執念が足りませんでした、
技術面では快適な距離以外ではカウンターのリズムが作れずアクメドフに危険な距離間まで押し入られました。

とはいってもアクメドフ戦での序盤のカウンターのタイミングとキレは本物でアクメドフが多大な犠牲を払ったからこそあの展開です。
簡単に突破できるものではありません。
最終ラウンドでダウンを奪ったカウンターも体が勝手に動くほど染みついた習慣によって引き起こされたもので練習の賜物です。
今後の飛躍に期待します。

5位 バティル・アクメドフ

7勝6KO1敗
28歳
172cm
KO率75%

バリオス戦を評価してランクイン。
素晴らしい精神力を見せてくれました。
バリオスの勝ち名乗りの時の観客のブーイングがあの日の勝者が誰かを物語っています。
パワーやスピード、スキルは高水準でしたがカウンターパンチャーバリオスの鋭いカウンターに先にダウンを奪われています。
しかしそこからの粘りが尋常ではなく、バリオスを追い詰めました。
ラスト15秒でダウンを奪われてしまうあたり不運の星に生まれてしまったのか、と心配してしまいますが実力は本物です。
あの戦いはファンを魅了していましたしタイトル戦線に絡んでくるはずです。

3戦目からフィリピンのリッキー・シスムンド、5戦目でイスマイル・バロッソと戦い鬼畜マッチメイキングを生き残ってきたことも実力の証明ですね。

7位 シャフラム・ギヤソフ

9勝7KO
26歳
176cm
KO率77%
アマチュアの実績ではNo.1ですがこの間のテイラー戦では効かされ大ピンチ。
リスクを取った戦い方を好みますが、耐久力に疑問符がつきました。

スピードとタイミングで倒す選手で重さではエルガシェフとプログレイスに劣ります。

スピードやフットワークはいいですが、プロではそれだけでは王者になれません。
特にこのスーパーライト級は特別な選手だけが王者になれます。

Shakhram Giyasov – Highlights – {HD}

8位 バルティザン・ジュケムバイエフ

17勝13KO
28歳
170cm
KO率68%

技巧派のサウスポーですがKO率通りのパワーがあります。
この間の試合では距離とポジションで相手に手を出させない、ロマチェンコを彷彿させる身のこなしを披露しました。
あれがトップレベル相手にできると滅茶苦茶強い。魅了されました。

プログレイスやエルガシェフのパワーやテイラー、ギヤソフのようなスピードのような派手さはありませんが纏まっていて隙が少ない選手です。

Batyr Jukembaev Highlights

WBSSを制覇しても全然終わりじゃない階級で、いつ誰が負けてもおかしくない競争の激しさです。

まだ駆け出しの選手が多く期待を込めたランキングになってしまいました。

日本の岡田が日本で一番険しい階級に挑んでいます。
こうやって比較してみると、岡田の攻撃は軽い…岡田の体はこの階級のものではない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました