スポンサーリンク

カナト・イスラムvsウォルター・カウントンドクワ

toe2toeのYouTubeチャンネル
スポンサーリンク

試合内容

かなり楽しみにしていたカザフスタンのハードパンチャーイスラムですが急に試合をしなくなり最近復帰し2戦目。
もう35歳。ゴロフキンとそんなに変わりません。
順調にいけていれば王座に挑戦は確実だっただろうに。

相手は現ミドル級う王者のディミトゥリアス・アンドレイドに判定負けしたカウントンドクワ。
あの試合は急遽抜擢でしたがこの日はスーパーウェルター級でしっかり準備もできたのかあの日と比べるとグッドシェイプに見えます。


ミドル級でも大きいカウントンドクワは身長の低いイスラムと比べるとかなり大きい。
初回から積極的に追い回すのはカウントンドクワ。しつこく追い回します。
ホームでの試合でちょっと攻撃しただけで大歓声があがります。

瞬間的にはカウンターなど上回るイスラムですが後半戦は苦しくなりそうな展開です。
5回にイスラムが左のフックをカウンターを2回当ててダウンをゲット。
しかしカウントンドクワもベテランの味を出して休みながら要所は反撃、残り1分をサバイバル。
猛攻でイスラムに疲労の色が見えます。前半戦はヒットの見栄えでイスラム。
カウントンドクワは次の回から逆襲できるか。
前半戦はイスラムにとっても楽なペースではなかったはずです。

6回はやっぱり出てきたカウントンドクワ。
イスラムは消極的に攻防を回避します。
疲労でパンチへの反応が鈍くなっています。

カウントンドクワは攻めますが足を使い逃げながらホールディングで動きを封じてくるイスラムに決定打を与えられず。
ポイントを奪い返して猛追しましたが、ダウンと前半の貯金で逃げ切ったイスラムに軍配。

試合内容

35歳の身体に見えないイスラム。体質なのかもしれませんがここまで体を絞るなんて過酷な減量だと思います。
そして王者は厳しいと言わざるを得ない内容。
前半のハイペースを維持できず。
35歳挑戦はできるかもしれませんが12回でこの日よりも長い試合を生き残れるでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました