スポンサーリンク

フェザー級最強 ランキング

toe2toeのYouTubeチャンネル
ランキング
スポンサーリンク

マレロ戦のニヤンバヤルに感銘を受けたので調整。

微妙な階級

フェザー級

55.338 – 57.153kg

1位 ゲイリー・ラッセルJr

30勝18KO1敗
31歳164cm
KO率58%

フェザー級ロマチェンコに負けましたが自由にさせず、ロマチェンコが勝ち進んでいく度に評価が上がります。
ボクシング界最速の拳を持っています。
他の王者に避けられて余り試合ができていません。

Gary Russell Jr – Incredible Speed (Highlights / Knockouts)

2位 シャクール・スティーブンソン

13勝7KO
22歳
173cm
KO率53%

ジョエト・ゴンザレスに圧勝し戴冠。
メイウェザーを彷彿させるディフェンスの技術があり相手にパンチを当てさせません。
ディフェンスの他にもボディーブローやカウンターも得意としており同体格のフェザー級の選手に崩されるイメージが湧きません。
パンチ普通に出し合うボクシングは負けないと思うので、彼を倒すなら喧嘩紛いの乱戦しかなさそうです。

3位 トゥグツソ・ニヤンバヤル

11勝9KO
27歳
173cm
83%

王者ではありませんが、無冠の帝王。時間の問題です。
スピードのある技巧派マレロを技術で圧倒。
破壊力、速さ、角度、打ち分けなど非常に強力なコンビネーションを持ち攻撃的に戦います。
しかし足を使ったアウトボクシングもできるなど柔軟性があり対戦相手や試合の状況を見て戦略を変更できるのも強み。
もしかすると足を使いカウンターを奪うのが本来の姿なのでは?とも思っています。

Tugstsogt Nyambayar | THE NEXT MANNY PACQUIAO??

4位 ジョシュ・ウォーリントン

30勝7KO
28歳
170cm
KO率23%

フランプトンを手数で圧倒しました。
パンチはないんですがこの選手と戦うのは大変そうです。
気持ちが強くスタミナがあり彼の泥沼に引き摺り込まれます。

What a fight! Josh Warrington v Carl Frampton official highlights

5位 カール・フランプトン、レオ・サンタクルス

26勝15KO2敗
165cm
32歳
KO率52%

フランプトンもサンタクルスもこの階級では小さくパワーが足りませんが技術はあります。
彼ら自身もそれを自覚しているのか勝てそうな相手とちちくりあっています。
人気のあるフェザー級には来ましたが何がしたいのか分からないスーパーバンタム級の選手ですね。

7位 ジョセフ・ディアスJr

30勝15KO1敗
26歳
168cm
KO率48%

ラッセルに負けてしまいましたが他の王者なら十分チャンスがあります。
キレキレのラッセル相手に怯まず戦いました。
スキル、パワー、スピードの総合力がありますが突き抜けたものはない、ラッセル戦では気持ちの強さを見せました。

Joseph Diaz Jr Highlights – Golden Boy Boxing

8位 キッド・ガラハド

26勝15KO1敗
29歳
169cm
KO率55%

フェザー級です。見た目はハメドやブルックを彷彿させます。
怖さよりは上手さで勝負する選手でオーソドックス、サウスポーに構えられパンチを避けるのが上手い。
ブルックやハメドのような爆発力は感じないので相手が強いと判定になると思います。

ウォーリントンに挑みましたが惜敗。
上手さで勝りましたがウォーリントンの手数に押し切られました。
https://m.youtube.com/results?search_query=Kid+Galahad

コメント

タイトルとURLをコピーしました