スポンサーリンク
カテゴリー別に記事を読む

ノニト・ドネア 公開練習

toe2toeのYouTubeチャンネル
トレーニング
スポンサーリンク

EXPLOSIVE PADS FROM NONITO DONAIRE, A WEEK BEFORE FACING NAOYA INOUE

やっぱりドネアは強い。
速いし重い。楽勝ムードだけどに経験豊富でこんなパンチを打てる選手に簡単に勝てるわけがない。

鍵となるのは井上の速さじゃないかなあと思います。

井上は打ち終わりはアホみたい(誉め言葉です)に速く逃げていきます。
私は井上のこの動作は現役でも一番速く精度が高いと感じています。
なのでカウンターパンチャーのドネアと言えど打ち終わりに井上を捉えるのは難しい、というかできないと思います。
井上はWBSS準決勝でカウンターパンチャー、ロドリゲスとパンチを交換し合いながら、一方的に当てて痛めつけました。
ドネアのカウンターは怖いですが左フックのカウンターの射程はロドリゲスのそれと同じく中間距離から近距離まで。
井上には当たらないはずと思っています。
ロドリゲスの右ストレートのカウンターに対してもしっかり反応して且つリターンしていた井上にはこれも当たらないはず。

つまりドネアがボクシングで勝負するならスピードの差で負けることはないと思っています。
ただドネアはアウトボクシングで塩漬けにされたリゴンドー戦、距離を取られたウォータース戦では超強引に突進し被弾しながらも左フックで一矢報いました。
私はこれが怖いなあと感じています。
パンチも足もある井上なのでアウトボクシングに徹すれば問題ないのかもしれません。
しかしウォータースやリゴンドーのハードパンチを受け止めながら前進してきたドネアです。
やっぱり怖い。

井上は普段あまりフェイントは多用しません。
一つ一つの技の精度が高いので読まれにくく見切られないので必要ないだけかもしれません。
ただやっぱりカウンターパンチャーのドネアに正直に突っ込むのは怖い。

まとまりのない記事で申し訳ないですが、何が言いたいかというと井上兄弟、拓真と尚弥のファンは仮に凡戦になってもがっかりしないでほしいと思います。
この辺鄙なブログまで行き着くファンはドネアをKOすることがいかに難しいことかは理解しているのでこんなこと言う必要はないとおもいますが。
焦ればジョシュアのようにないかねない。

この楽勝ムード、勝ったのに評価を落としちゃったりしてね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました