スポンサーリンク
カテゴリー別に記事を読む

ミゲール・ベルチェルトvsジェイソン・ソーサ 5連続KO防衛なるか

toe2toeのYouTubeチャンネル
観戦記録
スポンサーリンク

試合内容

負けそうで負けない男ベルチェルト。
スーパーフェザー級はデービスがいなくなったので彼に期待です。

相手はジェイソン・ソーサ。
ロマチェンコに負け、ウォータースと謎の引き分け、ガンボアにギリギリ負け。
ロマチェンコに殴られ続けながらも我慢し続けましたし、フォルトゥナに逆転までレッスンを受け続けました。
かなり根性のある選手です。

ソーサが積極的に手を出します。
ベルチェルトはいつも通り下がりながら組み立て。

初回からソーサは気持ちいがいい、出し惜しみなしです。
ベルチェルトは一旦スイッチが入るとパンチが止まりません。
ディフェンスが上手くはないソーサは動作が多く、パンチを躱す度にバランスが崩れて危険な状況に陥ります。

2回にベルチェルトのコンビネーションでバランスが崩れたところに直撃。
ダウン。
しかし攻めるソーサ。
ダメージを蓄積しながら反撃します。
ベルチェルトは休むことなく危険なフックを叩き込んで込む。止まりません。
必死に抵抗するソーサですがかなりダメージを受けました。

コーナーの指示で冷静さを取り戻したソーサは少し落ち着きを取り戻して丁寧に組み立てます。
しっかりヒットも奪っています。良い攻めです。
これができるなら打ち合うべきではなかったかもしれません。
性格なのかソーサは急ぎ過ぎに見えます。
崩れたところに畳みかけてベルチェルトがチャラにしてしまいます。

4回、ソーサのパンチも当たりますがベルチェルトのコンビネーションの方が効率よくダメージを与えます。
風車の如き連打です。
よく耐えていますがこれ以上のダメージは怖い、無謀な突進に見えてしまいます。
最後は上下に散らされてボディーブローで留め。

コーナーが試合をストップ。
ソーサは頑張りましたが打たれ過ぎました。

感想

ソーサはいい選手だと思うんですけどね。
今日も早い決着でしたがパンチも当てていて上回っている時間もありました。

ベルチェルトは毎回凄いコンビネーションです。
防ぎようがないほど上下左右に打ち込んできます。
連打中はオフガードですがカウンター狙えばいいって程甘い攻撃じゃないんですよね。
連打のスイッチを入れさせないように戦うことですかね。
距離をとって中間距離は徹底的に拒否。
伊藤とは噛み合いそうで、伊藤に勝ったへリングを殴り倒してほしい。
へリングは中間距離で打ち合ってくれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました