スポンサーリンク

ムハマド・ヤクボフ ロシアスーパーフェザー級プロスペクト 15戦目

toe2toeのYouTubeチャンネル
プロスペクト
スポンサーリンク

試合内容

俊敏なロシアのパッキャオヤクボフの15戦目。
RCCプロモーションの王者候補です。

toe2toe - とぉとぅとぉブログ
toe2toe - とぉとぅとぉブログ
https://fight-info.work/2019/10/01/%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%95%e3%82%ab%e3%83%88%e3%83%bb%e3%83%a9%e3%83%92%e3%83%a2%e3%83%95vs%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%bb%e3%83%95%e3%82%b8%e3%83%ac/br%20/https://www.youtube.com/watch?v=jT28CZ0fp1Y&t=1s
No boxing No life

おなじRCC所属のスーパーフェザー級ラヒモフは王座挑戦の先頭を勝ち取りした。
相手のアブラハム・モントヤは18勝13KO1敗1分のメキシコ人。

Бой за титул WBC International | Мухаммад Якубов, Россия vs Абрахам Монтойя, Мексика | RCC

モントヤは積極的に前へ出て距離を詰めます。
ヤクボフは横に動きながら様子見。
タイミングを見て危険な左を打ち込みます。
しかしモントヤはメキシコ人だけあって一切怯みません。
しつこくヤクボフを追い回します。

2回も足を使うヤクボフ、しかししつこいモントヤの浅いヒットを奪われます。
このペースをどれだけ維持できるか。
モントヤは横に逃げるヤクボフにあと一歩で逃げられます。
掴まえきれません。でもこのペースを維持すればどこかで捕まえきれるはず。

ヤクボフの強烈なボディーブローにも止まる様子はありません。
井上vsドネアがそうでしたがやるかやられるかの選手は強い。
ヤクボフはロープに詰まる場面が増えてきました。
モントヤはアッパーカットを顔面と腹に打ち分けます。

4回にヤクボフのコンビネーションがモントヤを捉えました。
ヤクボフのマウスピースが何度も飛び出します。
5回にはカウンターのボディーショットでモントヤが後退。
しかし直ぐに気持ちを立て直して反撃。
メキシコ人って本当に強い。
こうゆう選手だけが生き残る土壌というか需要があるのだと思いますが、昔からメキシコ人は本当に強い。

8回からはモントヤに力が無くなってきました、
パンチにも足にも力がありません。
パンチをもらい過ぎましたかね。
もう決めても良さそうですが…ヤクボフは安全運転。

9回はもうボロボロに崩されて滅多打ち。
ヤクボフにパンチがないというよりはモントヤが頑張りすぎ。
11回も危険なパンチを浴びながらも前進はやめないモントヤ。
決め手に欠くヤクボフ。

感想

これだけ差があるなら倒してほしいと思うのは無責任なファンですね。
相手のモントヤが頑張りました。
腹も顔面も効かされながらヒットを奪い見せ場も作りました。

ヤクボフはいい動きでした。
スピードがあってタイミングもいい。
スーパーフェザー級はデービスがいなくなって強力な王者はいませんので、ヤクボフもチャンスがありですね。
でも今日の戦い方だと王者級のパンチャーが相手だと長引くほど危険に見えました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました