スポンサーリンク
カテゴリー別に記事を読む

ファイターペディア カラム・スミス

toe2toeのYouTubeチャンネル
ファイターペディア
スポンサーリンク

ジョン・ライダー戦を終えたので更新。

カラム・スミス

データ

27勝19KO
29歳
イギリス
身長191cm
リーチ198cm
KO率70%

スーパーミドル級王者。
スーパーウェルター級王者リアム・スミスの弟。

特徴

全勝のイギリス人王者で本格派のスーパーミドル級王者。
長身のカウンターパンチャーで同級のベナビデスと階級最強を争います。
元スーパーウェルター級王者のリアム・スミスを兄にもつボクシング一家です。
全てにおいて兄リアムを上回るであろう弟カラムです。

体格

1階級上のライトヘビー級でも大柄と言える体格で村田と戦ったエンダムが子供に見えるほど。
懐が深く上半身だけでディフェンスの距離を稼ぐことができ、それを生かしてエンダムに強烈な左のカウンターを叩き込みました。

堅実さ

タイトに構えて相手からの打撃面を小さくし大振りは一切せずに常にコンパクトな攻撃を心掛けます。
加えてどんな状況でもガードをあげる勤勉さを持ち守りが崩れることがほとんどありません
スミスのリーチでこれだけコンパクトなボクシングをされると相手は攻め入るのに相当な勇気がいるはずです。
腹を決めていないような中途半端な踏み込みはスミスの得意とするカウンターの餌食となります。

実力に差のあったグローブスを焦らず丁寧に仕留める性格的な堅実さもあって負けにくい王者だと感じます。

ボディーブロー

コンビネーションに織り交ぜるボディーブローが正確で相手のディフェンスを崩すのに有効に機能します。
左の連打を得意としており、長い腕を器用に折りたたみ素晴らしい回転力で上下に打ち分けられます。
回転力と重さに加えて精度も高くスミスのKOパンチです。

これに井上尚弥のような執拗さも加われば地獄のボディーパンチャーです。

カウンター

左フックと右のクロスカウンターを得意としておりこのパンチでのKOが多いですね。
エンダム戦では左フックで二つ、クロスカウンター一つ、グローブスには左フック、フィールディングにもクロスカウンターと左フックを一つづつと強豪をカウンターで沈めています。
体格と堅実さに隠れていますが危険なカウンターをいくつも持っており、長身と堅実さが組み合わさることでその強さが補強されています。

弱点

慎重すぎる点でしょうか。
グローブスを倒すまでは一進一退の攻防、ライダーとの戦いでも拮抗した状態を打開できませんでした。
どちらも体格やボクシングの技術など総合的には上回っていたように見えたので相手を飲み込んでいく気迫やここぞの時の決断力といった勝負強さがスーパーミドル級でトップを争うには足りません。
今のところは技術戦に徹していますが、恵まれた体格とパワー活かした力技、チャンスで一気にスタミナを使って畳み掛けるといった戦い方の幅も今後は必要だと思います。
現状のスミスは総合力で上回られた時に成すすべなく簡単に倒されるイメージが湧いてしまいます。

ただしこれは経験を積めば改善されていく部分でもあるので経験不足を今後の試合で補っていくことが出来るはずです。

カラム・スミスのカウンター左フック / Signature Move – Counter Left Hook Of Callum Smith
カラム・スミスのクロスカウンターSignature Move – Cross Counter Of Callum Smith

コメント

タイトルとURLをコピーしました