スポンサーリンク
カテゴリー別に記事を読む

ファイターペディア ジョンリエル・カシメロ

toe2toeのYouTubeチャンネル
ファイターペディア
スポンサーリンク

ジョンリエル・カシメロ

データ

29勝20KO4敗
30歳
フィリピン
163cm
KO率60%

ライトフライ級から旅を始めて4階級目となるバンタム級で高評価の王者、ゾラニ・テテを撃破。
ライトフライ級〜バンタム級まで(スーパーフライ級は飛ばして)4階級を制したバンタム級現王者王者。

テテをKOした後、インタビューで「モンスター井上尚弥、次はお前だ!」
と力強く宣言しました。
テテを倒し世間の評価を一変させました。
井上のヒットリストの筆頭に記載されている強豪です。

特徴

攻撃の頻度は少ないものの力強い踏込みと必殺の右が最大の武器です。

若い頃から異様なオーラがありましたが、金髪化したテテ戦はさらにそのオーラを強めた印象です。
分かる人いますかね。
なんか不気味なんですよ、カシメロは。
心の底から湧いてくる感情なんですが、言葉では言い表せない何かを感じる選手です。

パワー

基本的にワンパンチで勝負を決してしまいます。
パンチ力ならKO率以上の半端じゃないものがありますが、当てるまでの過程に手間取ることあります。

しかしバンタム級に上げてからは乗りに乗っており、現在テテを含めて5人を連続KO中。

4階級目となるバンタム級ですが、そのパワーは衰えません。
むしろ力強くなっていると感じるほどです。

もし金髪化がスーパーサイヤ人(すみません、どうしても言ってみたかったんです)なら戦闘力は5倍(いちいち調べました)です。

力強い踏込み

重心を守備のポジションから攻撃のポジションに切り替えた瞬間、一気に飛び込んできます。
テテとの身長差12cm(軽量級だとかなりの数値)を一瞬で無力化し必殺の右を打ち込める深い位置まで移動しました。踏み込んだ後もしっかりバランスを安定させる脚力があります。

冷静さ

攻撃は力強く迫力がありますが、基本的に落ち着いて戦う選手で、負けもあり苦戦、逆境に慣れていて慌てることはありません。
ゾラニ・テテやアムナット・ルエンロンのようなタイプのアウトボクサーは焦れば焦るほど遠くなりますが、カシメロは当たらずとも急がず慌てず、落ち着いて狙いすました右を打ち込みました。
誰とも噛み合わない実力のあるアウトボクサーを二人もノックアウトしていることを考慮すると相当図太い性格をしていると思います。

弱点

まずは体格。
4階級目となるバンタム級だと小柄で常に身長差を克服しなければなりません。

戦略的にはポイントを奪うような細かな戦術は駆使せずパワーを活かした一発狙いなので当たらなければポイントで負けてしまいます
正直適正はフライ級でバンタム級の誰に負けても驚きません。
テテやアムナットを派手にぶっ倒しKOのイメージに引っ張られそうですが、基本的には綱渡りの選手だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました