スポンサーリンク
カテゴリー別に記事を読む

平岡アンディ 日本スーパーライト級プロスペクト デカい、速い、強い。日本中量級の逸材

toe2toeのYouTubeチャンネル
プロスペクト
スポンサーリンク

試合内容

さんまのからくりテレビで弱気な少年だったような。見覚えがあります。
あれからは想像できないほど逞しくなり、精悍な顔つきに変わりました。
15勝10KO。日本中量級の逸材です。

ロジェリオ・カサレスは13勝5KO9敗。アメリカデビュー戦にはちょうどいい相手でしょう。

しかし平岡はデカい。体格なら王者と比べても見劣りしません。
初回からサウスポーから長く速い右ジャブを突いてカサレスを威嚇する平岡。
カサレスが出てきたところに鋭い左のアッパーカットを合わせます。
2回、密着した状態から離れ際の左のアッパーカット、右のフックのコンビネーションでダウンを奪いました。
再開後は一気にまとめてレフェリーストップ。

勝利の舞を披露しアメリカデビューを飾りました。

感想

しっかりジャブをついて横に動く丁寧なボクシングです。KOの前の接近した状態でもカサレスの腕を封じ、頭の位置を動かして危険を避けながらパンチの空間と角度を見つけ出しました。

スーパーライト級ではかなり大きく見えます。
堂々たる体格です。
身長もさることながら、厚みや肩幅があって迫力のある体をしています。
この日はデビュー戦とあって勝って当たり前の相手でしたが、トップランクなので計画的に少しづつ相手のレベルが上がていくはずです。
この階級はもう一歩のところで岡田や小原が跳ね返された階級なので平岡にはその壁を越えてほしいですね。

同じスーパーライト級にはショージャホン・エルガシェフという全階級屈指の極上のプロスペクト、さらにリオ銀メダルのシャフラム・ギヤソフなどが揃っています。
この階級の競争は甘くありません。
過激な競争を勝ち抜いていけるか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました