クリス・ユーバンクJrvsマット・コロボフ 野生児vs無冠の帝王

toe2toeのYouTubeチャンネル
観戦記録

試合内容

無冠の帝王コロボフと超野生児ユーバンクの激突です。
洗練された技のコロボフとと超ド級の身体能力のユーバンク。
私はユーバンクは身体能力だけならミドル級No.1なんじゃないかと思っています。
ただ本当に雑。活かしきれていない。
コロボフはチャーロとアリームに勝っていたような内容を負けにされています。
不遇のロシア人。どうしても王者になってほしい一人です。

WWBAの暫定王座決定戦です。

体格差はあまりありません。
少しだけコロボフが大きいでしょうか。
初回から鋭いパンチを交換し合います。躍動感はユーバンクですが、鋭いのはコロボフ再三左をヒットさせました。
開始から左はドンピシャの角度です。
どちらもスピードがありますが無駄がない分コロボフが上回っています。
ミドル級とは思えないスピードです。
初回の印象ではユーバンクはワンツー、カウンターをヒットされて苦しい展開が続きそうです。
コロボフはスタミナの消費を抑えて今の展開を続けたい。

2回コロボフが脱臼?
ユーバンクのTKO勝ち。

感想

コロボフは不運の星の元に生まれたのかもしれません。
実力は王座に達しています。
にもかかわらずここまで王座が遠い選手は他にいたでしょうか。
一体前世で何をしたらこんな業を背負うのやら。

ユーバンクは何もしてません。
負けそうだなくらいに初回は思いました。
ラッキーですね。
これでWBAの暫定王座獲得です。
スーパーにカネロ、正規王者に村田諒太。
まあ第三ベルトです。
WBAは1階級に3人があたりまえなのか。本当に権威もくそもないな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました