ジェルウィン・アンカハスvsミゲール・ゴンザレス 恐怖のフィリピン人再び

toe2toeのYouTubeチャンネル
観戦記録

試合内容

アンカハスの防衛戦。
アンカハスは高い能力が窺えます。フィリピン人の例に漏れずKO率の印象以上のハードパンチ。
ただこれまたフィリピン人らしく単発です。
スーパーフライ級の王者でバンタム級に近く井上の対戦候補に将来上がってくると考えられます。
戦績は31勝21KO1敗2分。

挑戦者はミゲール・ゴンザレス。

ローマン・ゴンザレスに似てませんか?兄弟に見えますが残念ながらチリ人なので違います。
戦績は31勝8KO2敗。

初回から力強いパンチを振り回すアンカハス。
かなりのパワーです。ゴンザレスの腕を叩いて脅かします。
ゴンザレスはガードを上げてアンカハスの強打に備えます。

2回も断続的にアンカハスが踏み込んでいきます。
時々見せるボディーショットが印象的です。
ゴンザレスはアンカハスの死角に回り込んで右を振ってきます。
KO率通りパワーの差は歴然としています。

3回にゴンザレスの打ち終わりにアンカハスの左がヒットしゴンザレスの膝が揺れました。
猛攻をかけるアンカハス。右のボディーショットも効かせてゴンザレスの動きが一瞬止まりました。

4回決めきれそうで決めきれないのがアンカハスですね。
力強いですが単発です。
ゴンザレスは上手さを見せていますが当たっていても効果が薄い。

5回は運動量でゴンザレスが動き回り攻防で上回っています。

6回はゴンザレスが積極性を増して接近戦。アンカハスが応戦、腹を効かせました。
左のアッパーカットがヒット、たたらを踏んだゴンザレスにアンカハスが襲い掛かりゴンザレスがロープに押し込まれたところでレフェリーストップ。

感想

体格が大きいアンカハスの減量はきつそう。
井上のいるバンタム級にくるのは時間の問題に見えます。

特徴としてはフィリピンの文化を色濃く感じます。
一発の威力はあるものの単発。終わる時は唐突に終わります。
この体格なのでスーパーフライ級にこだわらずバンタム級でやってほしい選手です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました