ファイターペディア ジャモール・チャーロ

toe2toeのYouTubeチャンネル
ファイターペディア

ジャモール・チャーロ

データ

30勝22KO
29歳
身長183cm
KO率73%

スーパーウェルター級とミドル級の2階級王者。

特徴

怪物の如く制圧したスーパーウェルター級。
ミドル級に階級を上げましたがボクシングの政治的な理由によりビッグネームとの試合が実現しません。しかしジャモールは腐ることなく目の前の強敵を撃破しその存在感を強めています。
スーパーウェルター級の王者ジュリアン・ウィリアムズをあしらい、誰もが避けたミドル級影の帝王マット・コロボフとの接戦を制するなど実力は証明済み。

パワージャブて威圧しながら相手が出てきたところにカウンター。
ミドル級に来て徐々に戦略を洗練させています。

パージャブ

破壊力だけならコバレフやゴロフキンも超えています。
ジャブの域を遥かに超えていて少し引くくらいの強さです。
このジャブで何人も倒し異常な効かせ方をしてきました。
現在スーパーウェルター級王者のジュリアン・ウィリアムズから最初のダウンを奪ったジャブは肩から拳までが一直線、関節が全てガッチリ噛み合い衝撃の分散を抑えた芸術的なパンチでした。


美しい。

カウンター

パワージャブで前進しながら相手が出てきたところに合わせていきます。
このカウンターはアッパーカットやフックなど多彩なパンチが打てるのも強み。
これまたジュリアン・ウィリアムズを仕留めたアッパーカットはここ数年でみてもそうそうお目にかかれない、チャーロ史、アッパーカット史に残る名場面です。

チャーロの射程に入ると強烈なジャブが飛んでくるので相手はチャーロを制止するため、半ば強制的に攻撃させられます。
チャーロはそこを迎撃します。
カネロも似たような戦い方ですか、無駄をさらに省いてこれを洗練させた印象です。

チャーロが今後も強気なマッチメイクをこなすなら、自然と無駄が省かれてこの戦略は研ぎ澄まされていくはずです。
彼のパワーとスキルを最大限活かすことができればカネロに迫れるはずです。

パワー

ミドル級最大級の体格と最大の出力を誇ります。パワージャブと同じように力を伝達する能力が高く、見た目にも非常に重いパンチであることが分かります。

この単純なパワー、パンチ力ならカネロに匹敵すると感じます。
ここに多彩さや執拗さを加えれば相手は4回以上は立っていられません。

弱点

持久力でしょうか。
減量の影響もあるかもしれませんがスーパーウェルター級の時は疲れる試合もありました。
あれだけ強度の高い無酸素運動を繰り返すとエネルギーの消費が激しく時間が経つに従い攻撃の頻度や力が落ちていくのは仕方ないのかもしれません。
無茶はしない性格が幸いし完全に疲れ切るようなことはありませんが前半の貯金をやりくりという試合もありました。

他には攻撃が基本的に正直な正面突破で単調な節があります。
ジャブの破壊力はありますがタイミングや執拗さという点でゴロフキン、コバレフに劣ります。
コンビネーションでも殆ど顔面しか狙いません。
チャーロの火力で腹も狙えるとKO以外の結果は思い浮かばなくなります。

潜在能力はミドル級の誰よりもあるはずです。
高いモチベーションをもって練習しているのが分かるほど試合ごとに進歩しています。
色んな利害関係か絡んでビッグファイトが実現しませんが、腐らず頑張ってほしい選手ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました