スポンサーリンク

テレンス・クロフォードの憂鬱

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース
スポンサーリンク

テレンス・クロフォードの発作

壊れかけのクロフォード

ボクシングはテレビ局との契約問題があります。
例えばPBCやDAZN所属の選手とESPN所属のクロフォードは戦うことができません。

ウェルター級に関しては同じテレビ局所属だとしても利害関係があるようで試合が実現しません。
「人気」階級と言われていますが、ビッグネーム同士の試合はめったなく面白みに欠けます。
階級最強と評されるスペンスが散々PBC選手への挑発を繰り返してビッグファイトを実現させようと奮闘していましたが事故で大怪我をしてしまいました。
スペンスと同じPBCの選手はホッとしているかもしれません。
ウェルター級は少しも動かない硬直した階級です。
この階級から唯一聞こえてくるのはテレンス・クロフォードの悲痛な叫びのみ。

一人に取り残されたクロフォードはPBC選手が楽しそうにワイワイやっているのをフェンス越しに指を加えて眺めながら、時々悪口で気を引くくらいしかできません。

クロフォード「スペンス、パンティーを脱げよ」
祭りに呼ばれていないクロフォード パンティーを脱げよスペンス トップランクというフェンスに囲まれて動くことのできないクロフォード。 指を咥えて国境の向こうのお祭り騒ぎを傍観しています。 しかしただ見ているだけでは終わるつもりはな...

若々しいクロフォードですが、もう32歳になってしまいました。
キャリアか進まない焦りもあるでしょう。
このままでは50歳まで勝ち続けてもビッグネームにはありつけそうもありません。
クロフォードが自分がどれだけ優れているのか叫んでもそれを証明する手段がありません。
選手に残されている時間は限られています。

そしてついに、クロフォードは「ミドル級で戦う」などと意味不明な発言を始めました。
ミドル級のビッグネームはカネロもゴロフキンもDAZNなんです。

今週末防衛戦を行うクロフォード、相手はエギス・カバラウスカス。
無名の実力者で誰もやりたがらない相手です。
勝っても評価されず、苦戦でも大きく評価を落とします。そして負ければ終わる。

クロフォードの機会損失はボクシングの損失

そしてその次に控えているのはウェルター級裏番長決定戦でラズハブ・ブタエフに勝利し駒を進めてきたアレクサンダー・ベスプーチン。
打倒クロフォードの筆頭に上げる声も多い無名の超人です。
ブタエフとの試合でその実力が本物であることを証明しています。
ブタエフもベスプーチンもウェルター級のどの王者と戦っても勝負になる逸材で、勝つ確率は低くありません。
この二人にクロフォードが負けても驚きません。

アレクサンダー・ベスプーチンvsラズハブ・ブタエフ ウェルター級の裏番長決定戦、全勝恐ロシア対決
試合内容 コアなボクシングファンの間では評価の高い二人のつぶしあい。 この二人の激突はは恐ロシアを象徴する試合です。 リング中央で鋭いにらみ合い。ブタエフもベスプーチンも威圧的です。 きびきびと横に動くベスプーチン、ブタエフのパ...

このブログに来るようなコアなファンの皆さんはカバラウスカスやベスプーチン、ブタエフに勝つのがどれほど難しい困難なことか分かると思います。
しかし普通のカジュアルなボクシングファンは謎のロシア人にPFPファイターが負けることを許しません。
負けてしまえば過大評価されていただけのPFPファイターと烙印を押され商品価値が暴落するだけです。

クロフォードの天才が失われていくのはボクシング業界の損失です。
プロモーター同士、狭い領域で小競り合いをしてボクシング業界全体の将来の利益を損ねているようにしか見えてなりません。

スポーツ最大の魅力はスーパーボウル、ワールドカップを見ても明らかなように頂上決戦です。
世界一を決める圧倒的な競争こそ興奮を呼びます、

そしてクロフォードやスペンス、ポーター、ベスプーチン、ブタエフの才能はボクシングって凄い、面白いと思わせるのには十分なはずです。
彼らの才能を浪費して小さな利益を独り占めしようとするより、協力し彼らの才能を最大限に活用することでボクシングというコンテンツの需要を拡大させられ、それぞれの取り分は大きくなるんじゃないかと思えてなりません。

誰かクロフォードの発作を止めてやってくれ。

ダニー・ガルシアやサーマンはベスプーチンやブタエフには勝てない。

ウェルター級最強 ランキング | toe2toe - とぉとぅとぉボクシング
ウガスが試合を終えたので更新。 ウェルター級ランキング ウェルター級 63.503 - 66.678kg 1位 エロール・スペンス 26勝21KO 29歳 177cm KO率80% ガルシアやポーターといったビッグネームとの戦いで完璧ではないことを露呈しました 攻撃のセットアップが遅く、防御の後の反撃がクロフォードなど...
ボクシング プロスペクト ウェルター級 | toe2toe - とぉとぅとぉボクシング
ウェルター級は旧共産圏のやばいのがうじゃうじゃ。 東からの脅威 バージル・オルティス 15勝15KO 21歳 アメリカ 身長178cm リーチ178cm KO率100% 全KOのスター候補生。 ブラッドソロモンとアントニオ・オロスコを軽くひねる攻撃力は本物で後は顎、持久力、精神力が備わっていれば無敵でしょう。 ただメキ...

コメント

  1. ムーンサルトをする森光子 より:

    クロフォード…何で人気がないんでしょうか。4団体統一で無敗でPFPで3階級王者にしてウェルター級に挑戦中。
    肩書き1つだけでも不人気になるとは思えないんですが、後ろにクロフォードとつくと「不人気だろうな」と納得できるところが不思議です。
    今後の話ですが、階級を上げるよりは下げる方がビッグマッチには近いんじゃないでしょうか。今のスーパーライト級は活きがよく、鼻息の荒い選手が多い。クロフォードともやってくれるんじゃないでしょうか。
    今のスーパーライトはインドンゴが統一王者になれた頃とは桁違いのレベルです。それこそもう一度4団体統一でもしたら、誰も無視できないレジェンドになれるでしょう。

    • とぉとぅぉとぉ より:

      どうしてでしょうね。
      難解な選手で受けが悪いからのでしょうか。
      スーパーライト級まで落とせば試合はいくらでもあるはずですが、それはクロフォードにとってリスクがあり過ぎます。
      無名の強豪とは王者と言えどやりたくないのでしょう。
      ちなみにカネロを挑発しています。

タイトルとURLをコピーしました