アンソニー・ジョシュアvsオレクサンドル・ウシク ボクシングの深度

toe2toeのYouTubeチャンネル
コラム

アンソニー・ジョシュアvsオレクサンドル・ウシク

WBO1位ウシク

ジョシュアの持つWBOの挑戦権はウシクが持っています。
ヘビー級で一戦消化しただけのウシクがいきなりジョシュアに挑戦するとは思えません。
でも近い将来実現するはずです。

でかいやつが強いボクシング

アンディー・ルイズがジョシュアに完封されてしまって「まあ、やっぱりでかい方が強いよなあ」と。
ヘビー級トップの面々を見てもワイルダー、フューリーと2mを超えておりやっぱりでかい。
ボクシングが階級制である理由も分かりきっていて、単純にでかいだけで勝負が決まってしまうからです。
頭突きや肘打ち、金的と変わりません。
ヘビー級以外ではでかいだけで反則なんです。
勿論フューリーとワイルダーが体格だけであるとは思いませんが、攻守において大きなアドバンテージであることは間違いありません。

でかけりゃ強いなんて大味なスポーツはつまらないので、ウシクの可能性について考えたいと思います。

オレクサンドル・ウシクの可能性

小さい小さいと言ってもウシクは190cm、90kg以上もあり世界的に見ても大男です。ここで言う小さいは相対的にの意味です。

ウシクの特徴が分かりやすかったのはWBSSトーナメントの2戦、ブリエディスとガシエフの試合です。
クルーザー級では小柄で俊敏に動けるブリエディスのスピードに特徴であるフットワークを上手く機能させられず前半はやや苦戦、しかしラウンドが進むにつれてウシクが差をつけて行きました。
持久力、というか運動の強度を抑えてスタミナを薄く伸ばして淡々と戦うウシクの特徴が後半になって活きるようになりました。
疲労で足の止まってきたブリエディスにフットワークと細かいパンチが機能し始め後半で一気に引き離しました。

技対力勝つのはどっちだ? クルーザー級統一戦 オレクサンドル・ウシクvsマイリス・ブリエディス
ウシクはいつも以上にジャブを使いブリエディスを近づけないぞという意思を感じる立ち上がり。 対するブリエディスは動きは少ないものの、軽く当てたジャブでウシクの表情を変えます。ヘビー級を失神させるパンチは伊達じゃなさそうです。 ...

続く決勝のガシエフ戦。
この試合もブリエディスの時と同様に横に動きながら細かくボリュームのある攻撃。
ウシクは攻撃をガシエフの戦略の脆弱な部分に集中させることで封じ込めました。

ハイガードスタイルで一旦守りを固めると動きの止まるガシエフはウシクの弾幕を守るのに追われて近づくことができませんでした。

しかし不安も露呈しています。
強度を抑え爆発的な運動は避けるウシクは力を爆発させるガシエフとの瞬間的な攻防で上回られる瞬間があり、危険なカウンターを食う場面もありました。

ウシクは速いリズムで動き回り、フットワークと軽打で淡々と試合を進める強さがある反面、瞬発力が必要な爆発的な攻防にやや不安が残るという感じでしょうか。

力vs技 ガシエフvsウシク
予想通りウシクのうるさいジャブと横への動きに手を焼き距離を詰められないガシエフ。 2ラウンドのボディーは効かせましたし、4ラウンドのカウンターもあと少し深ければウシクは倒れていたでしょう。 ウシクが打ち込む瞬間にはガシエフは上回...

ウシクがヘビー級へ持ち込むもの

ウシクはプロルールのアマチュアの大会WSBでヘビー級トッププロスペクトのジョー・ジョイスなどの各国の巨人と戦いそのパワーを経験しています。
とは言え、ジョシュアやワイルダーのパワーはその一段、下手するとニ段は上になります。
このパワーはウシクの未体験領域です。
パニックや慌てることもあるかもしれません。

しかし、逆にヘビー級の未体験領域はウシクの機動力と運動量です。
この間のルイズ戦のジョシュアの機動力は並外れていました。
ワイルダーのスピードも普通じゃありません。
しかしウシクはさらにその上の機動力と運動量をヘビー級に持ち込みます。

初めて体験するウシクの戦略に混乱し慌てるヘビー級を見るのは面白そうです。

ウシクの不安

ウシクの不安はやはりどうしても体格と一発の抑止力です。
ヘビー級では圧倒的な運動量と機動力を駆使し、クルーザー級のようなバフォーマンスを発揮することができるならウシクほヘビー級の伏兵になると思います。
しかしそのためにはヘビー級の巨人のパワーと体格を克服する勇気が必要になります。
ウシクがいくら技と戦略で勝っていたとしてもワイルダーの殺人的なパンチの恐怖を克服できなければ何の役にも立ちません。

もしジョシュアに挑戦してもジョシュアの並外れた瞬発力と力にものを言わされる確率も高いと思います。
それでも私はウシクにボクシングの技術や戦略の深み、可能性見せてほしいと思っています。

オレクサンドル・ウシクとウラジミール・クリチコ
ウシクとクリチコ ウシクのヘビー級デビュー戦の相手はカルロス・タカム ウシクのデビュー戦はDAZN、相手はカルロス・タカムです。 最近だとジョシュアとチゾラに連敗しています。 いまさらヘビー級王者になれるような選手ではありません...

コメント

タイトルとURLをコピーしました