スポンサーリンク

バージル・オルティスvsブラッド・ソロモン ウェルター級全KOプロスペクト

toe2toeのYouTubeチャンネル
プロスペクト
スポンサーリンク

試合内容

ウェルター級トッププロスペクトのバージルオルティスは14勝全KO。
アントニオ・オロスコをKOした怪物。

スーパーライト級で戦っていたオルティスですが、減量に加えて友人であるホセ・ラミレスとは戦いたくないとか。
スーパーライト級でのパフォーマンスを維持できるか。

対するソロモンは元プロスペクト28勝9KO1敗。
ここで勝てなければ層の厚いウェルター級で再浮上するのは厳しい。

オルティスはいつも通りタイトに構えてじりじりプレッシャーをかけて一発を狙っています。
ソロモンは横に動きスピードのあるジャブを突いてプレッシャーを躱します。
しかしオルティスは簡単にロープに詰めて破壊的なパンチをねじ込んでいきます。
この重さのパンチを連射できますか。しかも多彩です。

2回もプレッシャーをかけるオルティス。
ソロモンも恐れず反撃してきますが如何せんパワーが違いすぎます。
効果が段違いです。
一発の重さもさることながらやっぱりコンビネーションの多彩さが目につきます。
これは防ぎきれそうもありません。

3回オルティスはこのパンチにおごることなく、しっかり腕を上げてディフェンスも意識しています。
ソロモンは苦しすぎる。一発もないソロモンがこの状況を打開するのは…KOされないだけで上出来といえる戦力差。

4回もオルティスは容赦なく攻め続けます。
激しさは時間を追うごとに増していきます。
オルティスのジャブでソロモンがダウン。
ローブローをアピールしてソロモンが休憩。
無慈悲なオルティスはほんの少し休憩を与えただけで直ちに襲い掛かります。

5回、ギブアップしてもいいほどの戦力差ですがソロモンは諦めません。
オルティスがヒットを奪い畳みかけるとソロモンが膝を着きました。
再開後はオルティスが猛攻一気に終わらせました。

全KO記録を更新。

感想

ウェルター級の競争は激しすぎる。
クロフォードにオルティスにスペンス。
アメリカだけで同時代によくこんなやばいの生まれてきますね。

ソロモンを簡単に粉砕。
オロスコをKOするのは伊達ではありません。
楽しみな選手ですね。
スーパースター候補。

コメント

タイトルとURLをコピーしました