スポンサーリンク

ファイターペディア テオフィモ・ロペス

toe2toeのYouTubeチャンネル
ファイターペディア
スポンサーリンク

テオフィモ・ロペス

データ

15勝12KO
22歳
アメリカ
身長173cm
リーチ174cm
KO率80%

リチャード・コミーを一撃で仕留めて戴冠。

特徴

米国No.プロスペクト。
バク宙のパフォーマンスでお馴染みの身体能力に優れた選手です。
パンチ力ならライト級最強と言えるかもしれません。
それほど抜きん出たパワーとスピードがあります。

初回の攻防ではコミーにヒットで上回られたもののカウンター一発で試合を決めてしまいました。

瞬発力

瞬発力に優れたコミーですな、テオフィモの尋常ではない瞬発力はコミーのそれを凌駕しました。
強靭な下半身で発生させた力を、肩、肘で加速させとんでもない速さで拳を衝突させます。
そして手だけではなく踏み込みの速さも尋常ではないテオフィモ。
KO率も納得、むしろ逃したKOがあるのが不思議な程で片足は動物に踏み込んでいるように見えます。
テオフィモのこの能力は当たった瞬間に何もかもを帳消しにしてしまいます。
まだライト級のデービスを見ていませんが、テオフィモは一発の決定力ならスーパーフェザー級時代のデービスをすら上回るように感じています。

もしロマチェンコと対戦すればロマチェンコは攻防で上回るでしょう。
しかしロマチェンコがどんなに緻密に高く積み上げたとしてもテオフィモには一瞬で全てを無に帰す能力があります。

カウンター

ショルダーロールからの右のカウンターを得意としています。

ライト級ならリナレス級の速さがあります。
重さを加味すると鋭利さはリナレスのカウンターを遥かに上回るでしょう。
コミーを轟沈したカウンターの鋭利さは背筋が凍るほどでした。

鉄壁のロマチェンコに当たりそうなパンチで言えばライト級だと私はテオフィモのカウンターとデービスのスピード筆頭に挙げます。

リナレスのカウンターでは立ち上がることのできたロマチェンコですが、テオフィモのカウンターが当たればもう立ち上がることはできません。

弱点

中谷戦まで苦戦以外の苦戦はありません。
やはり細かい攻防、駆け引きを省略し、瞬発力を活かしていきなり殴っていきます。
なのでリズムが速く且つパンチを準備するのが速いロマチェンコが駆け引きで遅れを取ることが予想されます。
コミー戦を見ても私はロマチェンコ有利だと感じていますが、尋常ではないテオフィモの瞬発力にロマチェンコが不覚をとる確率が低くないとも感じています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました