スポンサーリンク

スルタン・ザウアーベク カザフスタンライト級プロスペクト 達人系プロスペクト

toe2toeのYouTubeチャンネル
プロスペクト
スポンサーリンク

試合内容

イギリスを拠点にキャリアを進めているカザフスタンのザウアーベク。
曲芸的な身のこなしが魅力の23歳、サウスポー。
8勝6KO。
相手はレスハン・リー?読み方は分かりません。
16勝9KO4敗2分。

初回、いつも通りゆったりとしたリズムでスタートのザウアーベク。
リーはラウンド終盤にプレッシャーをかけてきました。

2回ザウアーベクはリーの意外と早い踏み込みをまっすぐ下がって躱します。
浅くヒットも奪われています。余裕はありますが油断大敵です。
このラウンドの終盤は狙いすました左を再三打ち込みダメージを与えました。

ザウアーベクは急がず焦らずじっくり痛めつけます。
リーはザウアーベクがパンチを繰り出すタイミングに全く対応できず無反応でまともに食っています。
顔が痛んできました。

4回終了と共にリーがギブアップ。

感想

ザウアーベクはやっぱり達人的です。
ほぼ予備動作ななく、また人間が反応できないタイミングを熟知しています。
忙しさがなくのんびりしていますが、この技術と知識、感覚があるので急ぐ必要がないのでしょう。
同じサウスポーだとキューバのエリスランディ・ララのタイミングの外し方と似ていると思います。

ディフェンスに関しては慌てることはありませんでしたが横着ですね。首を回していなしていましたが浅くヒットしていました。
疲れるのも嫌いそうなタイプです。
ライト級は現在分厚くなっているのでこのままでは王者は厳しい。
達人的な技術はありますが、テオフィモ・ロペス、ライアン・ガルシア、デービスなどの怪物系の若手と比較するとフィジカルで劣ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました