スポンサーリンク

ダニエル・ドュボアvs藤本京太郎 日本人ヘビー級王者は遠い遠い道のり

toe2toeのYouTubeチャンネル
プロスペクト
スポンサーリンク

試合内容

ドュボア13勝12KO。
ゴーマンとの全勝対決を制したあとに藤本は格落ち感が否めません。
イギリスヘビー級プロスペクトでワイルダーへの挑戦を待ちます。

藤本は日本でキャリアを積むヘビー級。元々はK-1の選手でした。
この試合はちょっと危険すぎると思います。
京太郎に世界レベルのプロスペクトと戦う力はありません。
21勝13KO1敗。

頭蓋骨の大きさは上回っています。
藤本はドュボアのパワーを警戒して距離を取ります。
パンチは出しませんがこの回は上手く生き延びました。

2回、ジャブのカウンターでダウンを奪われてしまいました。
効いている様子はありませんが、気持ちが後ろ向きです。
最後はデュボアがとんでもない右のストレートで轟沈しました。

これはやばいぞ。一番もらってはいけない右のカウンターでした。

感想

藤本大丈夫でしょうか。
ロープでうずくまった時に止めてあげてもよさそうな実力差でしたけどね。
正直日本のヘビー級王座獲得に希望を断ち切るパンチだったと思います。

藤本は意識がもうろうとしている感じですね。
怪我をしていなければいいですが。

ドュボアのキャリアはどうなるでしょう。
ワイルダーとの試合が実現するなら楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました