スポンサーリンク
カテゴリー別に記事を読む

村田諒太のリアルファイトその3 ゲナンデイ・ゴロフキン

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース
スポンサーリンク

リアルファイト

村田諒太vsゲナンデイ・ゴロフキン

カネロのお陰で停滞していたミドル級。
村田諒太がかき回してくれないかと密かに期待しています。
そして村田が本当の世界戦線進出に絶好の相手は知名度、実力的にこの男。
ゲナンデイ・ゴロフキン。

ゴロフキンはアメリカで戦うようになるまでに淵上、石田と日本人を痛烈に葬っています。
あの頃の無名のゴロフキンなら日本人と狭い会場で戦ってくれましたけどね。
もし実現すれぱ村田は三人目の日本人になります。
今やゴロフキンはミドル級、ボクシングのビッグネーム。

カザフスタンという小国に生まれたゴロフキンは30歳くらいまでずっと不遇だったんです。
そう考えると感慨深いものがあります。
パッキャオと同様に文字通り拳一つで今の地位を築いたゴロフキン。
連続KO防衛記録保持者。ゴロフキンの築いた遺産を引き継ぐなら今です。
2戦とも接戦だったカネロがそれを吸収したとは言えません。

以前はKOといえばゴロフキン。
打っても打たれても強い。心身共に強靭でアマチュアの豊富なキャリアが裏付ける高い技術力と、まさにファイターのフルパッケージ。
言動共にミドル級の帝王に相応しい貫禄がありました。

負ける姿はまったく想像できない。
そんな選手でしたが加齢と共にその強靭さと無敵の自信を失いつつあります。
ジェイコブス、カネロ2戦、デレフヤチェンコと苦戦続き。
デレフヤチェンコ戦では腹を効かされるといった今までになかった姿を晒しています。
しかし拮抗した内容で一気に崩れてもおかしくない状況を持ち直し戦い続けられるだけの心身の強さは残されています。

老いたゴロフキンに村田のプレッシャーを受け止めるだけの力は残されていないのではと感じています。
そして村田の得意としているボディー攻撃を嫌がりガードが下がります。ジャモールやカネロよりパンチも食います。

懸念はゴロフキンのフットワークとパンチの精度です。
レミューを空転させてカネロのプレッシャーを受け流す足があります。
カネロでなければ倒れていたようなパンチも当てていたし、レミューはボコボコにやられました。
またゴロフキンはガードを固めたスティーブンスやマーレイ、ロールズのガードの隙間を狙う拳のコントロールがかなり優れています。
村田のハイガードの隙間にも滑り込ませてくるでしょう。

それに苦戦したジェイコブスもデレフヤチェンコも単に彼らが強かったとも言えます。

それでも私は勝機ありと考えます。
村田と今のゴロフキンの相性は悪くないはず。

予想

初回から村田が積極的に前進しゴロフキンにプレッシャーをかける。
ゴロフキンはそれを横に躱してアウトボクシング。
村田は得意のワンツーを狙うもまだ遠い。

2回も引き続き村田が前進。
しかしゴロフキンのジャブがヒットしだす。
序盤は足を使いゴロフキンがジャブで突き放す。足を使いながら上手くコンビネーションも繰り出すゴロフキン。
時々ゴロフキンのガードの上に押し込まれる村田のワンツーも効果的。
中盤は少し力が落ちてきた両者。
村田はハイガードの隙間から滑り込んでくるパンチに悩まされながらも前進し必死にワンツーを上下に繰り出す。
時々放つ左のボディーブローをゴロフキンか嫌がる。
終盤に突入しても一進一退のペース争いが続く。
村田が最後までゴロフキンを追い回してベル。
判定で村田。

ゴロフキンの衰えなども考慮すると一番予想が難しい。
ゴロフキンのジャブとフックにやられるイメージもできます。
やっぱりどうしても村田の戦い方次第です。
見てる時間が長くジャブとフックの距離と時間をゴロフキンに与えると勝つのは厳しいと思います。

村田諒太のリアルファイトその3 ゲナンディ・ゴロフキン
ファイターペディア ゲナンディー・ゴロフキン
ゲナンディー・ゴロフキン データ 40勝35KO1敗 身長179cm 37歳 KO率83% ミドル級を8年間統治した元帝王。 15連続KO防衛の世界記録を持つ。 特徴 一時は無敵でミドル級の誰もが避けていた元3団体統一...

コメント

  1. ムーンサルトをする森光子 より:

    バンクの指導する機動力のボクシングがどれぐらい洗練されるかですね。
    全盛期の支配力は失いましたがデレブヤンチェンコに判定勝ちしているのも事実。以前のスタイルでKOにこだわっていたら負けていたかもしれません。
    村田であれば押し潰してしまえそうですが、逆にゴロフキンがポイントボクシングに徹するならばワンツー主体の村田は厳しそうです。
    お互い豊富なキャリアがあるため、試合に向けて準備するスタイルの相性が大きい、ある意味じゃんけんのような試合になる気がします。

    • とぉとぅぉとぉ より:

      ゴロフキンに勝って世界戦線に殴り込みが理想ですが、両者の戦略次第では大きな差があったと言われる試合になる可能性もありますね。
      しかし村田のパワー、これは世界に通用すると思います。
      ゴロフキンがブラントのように打ち合ってくれるとすごい試合になりそうですね。

タイトルとURLをコピーしました