アーセン・ゴウラミリアンvsコンステンティン・ベジェナル クルーザー級タイトルマッチ 全勝世対決

toe2toeのYouTubeチャンネル
プロスペクト

試合内容

私の一押しクルーザー級。
アベルサンチェスの元で修業を積みついにこの日がやってきました。
なんと前回の試合から1か月ちょっとというスケジュール。
この貪欲さとそれができる彼の強靭さは試合にも活かされています。
26勝18KO。

アーセン・ゴウラミリアン アルメニアクルーザー級剛腕プロスペクト 25戦目
試合内容 見た目も名前もやばそうな男ゴウラミリアンの試合です。 相手はケイン・ワッツ21勝13KO3敗。 初回からガードを固めてプレッシャーをかけるゴウラミリアン、一分半にはダウンを奪いました。 ワッツのパンチは簡単にガードに弾...

この日挑戦者はベジェナル。14勝4KO。
クルーザー級でこのKO率はしょっぱいと言わざるを得ませんが技術で勝負するタイプでしょう。
ゴウラミリアンのパワーをいなせるか。

ちょっと見づらい。

ベジェナルは小さい。
どちらもクルーザー級には見えない素早い動きです。
プレッシャーをかけるのはゴウラミリアン。
初回いきなり見せ場を作ったのはベジェナル。左で飛び込み回転力のある連打でゴウラミリアンを脅かしました。
良いフットワーク、全勝は嘘ではありません。
ゴウラミリアンはベジェナルのスピードに意表をつかれました。
しかし慌てずがっちりガードを上げて前進しプレッシャーをかけます。

2回も警戒に動いて翻弄するのはベジェナル。
ゴウラミリアンは我慢の時間です。

ゴウラミリアンの右の相打ちがカウンターでヒット。圧力を強めます。
ベジェナルは必死に抵抗しゴウラミリアンを突き放します。

3回ゴウラミリアンが下がりながら組み立てます。
余裕がでてきました。
ラウン中盤からはもう一度プレス。
ベジェナルは足を使って動きながら上手くヒットを奪っています。
ゴウラミリアンはボクシングでベジェナルに上回られていますね。

4回も前進するゴウラミリアン。
この回は右を下に伸ばして下から崩していこうという意思を感じます。
ベジェナルは勤勉に動き回ってこれを躱します。
しかしゴウラミリアンが右をヒット。
うーん…ベジェナルは何発当てても一発でチャラどころか負債まで背負わされてしまいます。
それくらい頑丈さとパワーに差があります。

5回も動き回ってゴウラミリアンのプレッシャーを躱すベジェナル。
ヒットも奪いますが効く様子は全くありません。
そして足を止めるとゴウラミリアンの豪打が爆発。
不公平なほどパンチに差があります。

6回はダメージの蓄積し動きの鈍ってきたベジェナルにゴウラミリアンが襲い掛かります。
ロープに釘付けにして強打をねじ込みます。

7回鬼のコンビネーションでダウンを奪ったゴウラミリアン。
いいところでビデオが終わりました…

この後ベジェナルがギブアップしたみたいです。

感想

ゴウラミリアンはガシエフからパワーとハイガードを少しづつ引いた印象。
パワーの割にKO率が高くないのも似ています。
力で押しつぶす。
戦いの幅はなさそうです。

効かされることはありませんでしたがボコボコ食っていました。
コンビネーションやパワーは魅力ですがクルーザー級のハードパンチャーと戦うにはディフェンスに不安が残ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました