スポンサーリンク

2020年各階級注目の選手 その2 フェザー級~スーパーライト級

toe2toeのYouTubeチャンネル
スポンサーリンク

2020年注目選手

フェザー級

トゥグツソグ・ニヤンバヤル

試合の面白さや強さに人気が比例しておらず停滞気味なキャリア。
しかしゲイリー・ラッセル階級最強の男への挑戦がセットされ、まさに千載一遇の機会を手に入れました。
小国モンゴル出身という不利をその拳で切り開けるか。今年はフェザー級のチンギスハンに期待ですね。

シャクール・スティーブンソン

私はこの若者に要注目しています。
素行の悪さが気になりますがボクシングの、特にディフェンスの技術には目を見張るものがあります。
未来が見えているかのような危機管理能力に加えて安全なポジションの熟知、そして効率のいい動作。
これにメイウェザーの勤勉さが加わるともう鉄壁です。

スーパーフェザー級

王者ベルチェルト、ファーマーはお互いに知らん顔。
レネ・アルバラードはベルトをカンシオから奪いましたが、今年ベルトを保持し続けられるかは微妙。
デービスがライト級へ上げてしまった途端に静かな階級になってしまいました。

この階級はウズベキスタン勢に期待です。

シャフカト・ラクヒモフ

この間全勝のフジレをアウェイで劇的な逆転KO。
あの試合のフジレは間違いない実力者で、もし予定通り尾川がフジレと戦っていたらやばかったんじゃないかと思いました。
フジレを追い詰める為にラクヒモフは多大な犠牲を払いました。
顔面も腹も効かされ、ぎりぎりの状況でも不撓不屈の闘志で突進し続けました。
あの肉を切らせて骨を断つを実行できた彼の度胸と強打を見れば可能性を感じずにはいられません。

シャフカト・ラヒモフvsアジンガ・フジレ(尾川と対戦予定だった) ファーマーへの挑戦者決定戦
試合内容 フジレって確か尾川が日本で試合しようとしていた選手じゃ。 なんだか見覚えが。 フジレが14勝8KO ラヒモフ14勝11KOKO率が違いますがラヒモフ、フジレ共に14勝。 IBFタイトルへの挑戦権が争われます。 ...

ムハメド・ヤクボフ

スピードとフットワークが武器のロシアのパッキャオ。
まだ世界戦戦に顔を出してはいませんが、今年は本格始動するであろうこの男にも注目。
日本でも猛威を振るっていたフィリピンの門番ジェミノを初回粉砕と間違いない実力者です。

ムハメド・ヤクボフ ロシアのパッキャオ 13戦目
試合内容 スピード、パンチ、スキル全て高水準の王者候補ヤクボフの13戦目。 相手のジェミノは負けも多いですがシャフィコフ、ナバレッテ、ニヤンバヤルなど王者級の強豪と渡り合ってきた猛者。 勝ちの中にはトカ・カーン、日本の大橋へ移籍した中...

ライト級

この階級は今年一番熱いかもしれません。
デービス、テオフィモ、ライアン、ヘイニー、ロマチェンコ。
中谷もいますね。
安全なマッチメイクを続けるとボスのメイウェザーが宣言しているデービスとロマチェンコは割愛。

テオフィモ・ロペス

今年は日本の中谷に苦戦かと思えばコミーをワンパンチで粉砕と得意と苦手がはっきりしている選手です。
ロマチェンコとのビッグファイトが決定しておりアメリカでもっとも期待、注目されるプロスペクトです。
コミー戦のようにワンパンチでPFPロマチェンコを打倒し23歳にしてその評価を確立できるか。

ライアン・ガルシア

ロメロ・デュノ戦のパワーとスピードは度を越えていました。
接近されると弱いという弱点を晒していますがエディ・レイノソに師事し改善の軌跡が見て取れます。
もしこの弱点が改善されれば、並みの世界ランカーではパンチをヒットすることはおろか近づく前に迎撃され撃ち落されるでしょう。
スタイル、容姿、SNSを駆使した今風のメディア戦略とスーパースターの要素は揃っています。
後は本番で力を発揮するだけです。

イルノール・アブライモフ

デビューしたてのウズベクですが、彼のハンマーに魅了されました。
トップレベルとの試合が早く見てみたいですが、アマチュア国際大会入賞の実力と経験を考慮すると王者級の選手以外は問題なく彼のハンマーで打ち伏せてくれるでしょう。第二のGGGと期待しています。

ウズベキスタンのハンマー イルノール・アブライモフ 5戦目
すごいハンマー 試合内容 ウズベキスタンとカザフスタン怖いなあ。 ぞろぞろやばいのがプロ化してる。 アブライモフは韓流スターのような優しそうな風貌ですが多分鬼畜ボクサーだと思います。 初回から惜しげもなく強打を披露。ゴロフ...

スーパーライト級

去年はWBSSが開催されるなど熾烈極まりない競争が行われていました。
ジョシュ・テイラーがWBSSを制覇し2冠、アリトロフィーを獲得、予想通り彼はヤーデやケリーを超える英国一のプロスペクトでした。
しかしそのジョシュ・テイラーを上回るであろうがこれまたウズベキスタン勢。
とんでもないのが今年は世界戦線にやってきます。

ショージャホン・エルガシェフ

一時のコバレフを思わせる超超超速攻型の選手。
加えてコバレフからは感じなかった狂気を感じます。
頭のねじが外れているとしか思えない異常な踏み込みから繰り出す重く且つ鋭利なパンチ。
並外れたパワーとスピードが特徴で一度見ると頭から離れません。
ただ狂暴すぎる故に粗さが目立ち全勝の世界ランカーや肝の据わった中国人に隙を突かれました。

名前も強そうなんだよな。

Shohjahon Ergashev ni eng zo'r nakautlari.
エルガシェフvsマイカル・フォックス 全勝対決
週末に行われる全勝のプロスペクトの潰し合いです。 ティムールの再来 ショージャホン・エルガシェフvsマイカル・フォックス スーパーライト級でどんどん人気を集めているエルガシェフ。 ハイペースで試合を消化し今度は2/15に予定されてい...

シャフラム・ギヤソフ

オリンピックシルバーメダリスト。
アマチュア時代はエルガシェフの上を行っていたウズベキスタンのトップオブトップです。
プロでは一歩エルガシェフがリード、スーパーライト級の門番相手に苦戦も経験しやや停滞しています。
しかし彼のハンドスピードや技術、狂暴性は注目に値します。
エルガシェフとスーパーライト級を引っ張っていくと期待できます。

シャフラム・ギヤソフvsエマニュエル・テイラー 試練のギヤソフ
ギヤソフの試練 試合内容 初の10回戦のギヤソフ。 相手のテイラーはマティセにぼっこぼこにされて以来の試合です。久しぶりですね。 過去に現スーパーライト級王者ホセ・ラミレスと壮絶な打ち合いを演じたアントニオ・オロズコ、4階級王者エイ...

平岡アンディー

日本から世界を狙います。トップランクと契約初戦を消化、今年は徐々に相手のレベルを上げていくはずです。
体格、身体能力など素晴らしい素質を感じます。
後はトップレベルを経験し、想像以上のパワーやスピード、スキルに動じない心と弛まぬ努力に耐える忍耐力を身に着けるだけです。

平岡アンディ 日本スーパーライト級プロスペクト デカい、速い、強い。日本中量級の逸材
試合内容 さんまのからくりテレビで弱気な少年だったような。見覚えがあります。 あれからは想像できないほど逞しくなり、精悍な顔つきに変わりました。 15勝10KO。日本中量級の逸材です。 ロジェリオ・カサレスは13勝5KO9敗。ア...

ホセ・ラミレス

エルガシェフ以上の狂気を感じるスーパーライト級2冠王者。
単純なパワーやスピードはトップレベルと比較して飛び抜けているということはありません。
エルガシェフはこの二つでは大きく勝っていると感じます。
しかしスタミナと精神力、これは異常…なんと表現するべきか。
適切な表現が思い浮かびません。
ラミレスのスタミナと気持ちの強さは異質です。パンチを食えば食うほど興奮し元気に暴れまわります。
それは薬物の使用を疑いたくなるほど…

その3に続く。

コメント

  1. 一瞬のマ夏 より:

    Sフェザー辺りから秘かにロシア系に強いのがいますよね。ラヒモフはずっと追いかけていてL字をやめてから一皮むけたとは思いますが割と被弾しますし王者になれるかどうか、、、。
    以前はミハエルアレクシー?読み方分かりませんが(笑)ロメロデュノに勝って注目だったのに試合を観ると今一振り回して馬力型で好きな感じでは無かったり。。。
    今年のライト級は熱いですよね。でもガルシアは好きになれません。
    ロマチェンコは統一したら本当に下に行くのでしょうか?それはそれで楽しみです。

    • とぉとぅぉとぉ より:

      ライト級まではロシア勢よりアメリカ勢の方が勢いもあって強さでも少し上かと思います。
      若い選手達が主役ってのがまたいいですよね。
      この中からスーパースターの誕生に期待します。
      スーパーフェザー級だとビッグファイトがないのでどうでしょう。
      欧州のファイターはビッグファイトにこだわっていない感じはありますが。

タイトルとURLをコピーしました