スポンサーリンク
カテゴリー別に記事を読む

ファイターペディア 井岡一翔

toe2toeのYouTubeチャンネル
ファイターペディア
スポンサーリンク

井岡一翔

データ

25勝14KO2敗
30歳
日本
身長165cm
リーチ169cm
KO率51%

4階級王者。
停滞したスーパーフライ級をかき回します、

特徴

一時は対戦相手の質やスタイルを散々貶されていましたがキャリアの晩年に差し掛かった今、立派な戦績を築いています。
負けは増えたもののそれは高い競争に身を晒している証拠でもあります。

アローヨ戦からモチベーションが高く、ニエテスとの技術戦やパリクテ戦の詰の鋭さは尋常ではありませんでした。
全勝のオリンピアン、シントロンとの防衛戦では執拗な攻撃を見せて一蹴。
以前とは別人格のような獰猛なスタイルに変化しています。

彼のファイトスタイルを一言で言うとコンパクト。一発の重さはありませんが攻守おいてスキがありません。無駄なく効率のいいボクシングです。

正確さ

井岡の生命線となる特徴で一発の重さはないものの非常に正確な攻撃を得意としています。
カードを固めた相手の腕の隙間をすり抜け、がら空きになった腹に左を突き刺さします。

ボディーブロー

井岡の代名詞とも言える攻撃でドスンという派手さはありませんがコツコツと時間を追うごとに効いてくるパンチです。
コンビネーションでの打ち分けや針の穴に通すような精度は誰もが見習うべき技術です。

井上はボディーブローの破壊力を生み出すことに長けていますが、井岡は精度とタイミングに優れています。
仮に効いていなくても、腹を打ち続けられるとだんだん守りの意識が下に向いてくるので顔面への伏線となります、

シンプル&ベーシックディフェンス

これまた井岡の代名詞と言えるのなコンパクトなディフェンス。
派手に動き回らず基本的な防御技術を多用し無駄な動きはありません。
そしね守った後はすぐさまリターンを返していきます。
井岡のディフェンスの速さはエンジンを唸らせるようなものではなく、無駄を省いた結果得られる速さで長丁場のボクシングにおいては有効な特徴です。

地味ですが崩れることがなくスキがありません。

弱点

コンパクトとはある意味では小さくまとまっていることで、大きな出力は出せません。
パリクテの大きな出力をコンパクトなディフェンスで受け流しましたがどうしても傷つけられてしまいました。

適正階級で戦っている分には問題ありませんが4階級目のスーパーフライ級のシーサケットやアンカハスと比較すると大きく見劣りしてしまいます。

シントロン戦もペースは完全に握っていましたが、最終ベルを聞かせてしまきました。
スーパーフライ級でのパワー不足は否めません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました