スポンサーリンク
カテゴリー別に記事を読む

エマヌエル・ナバレッテvsジェオ・サンティシマ 暴力対決

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース
スポンサーリンク

ナバレッテvsサンティシマ

ナバレッテの体力

アイザック・ドグボエと激しい殴り合いを制した後、約半年で3試合を消化。それもすべてチャンピオンシップ。
尽きることのない体力と獰猛さでここまで4連続KO中です。
一時のゴロフキンを彷彿とさせる積極さで試合をこなし勢力を拡大中の怪物メキシコ人。現在軽量級で井上尚弥との対戦も期待されてています。

そして今年最初の防衛戦はサンティシマになるだろうとのこと。
これは面白そうな暴力対決です。
サンティシマは井上のドネア対策のため来日していたと報道されていたので、関係者にはとても関心が深いマッチアップですね。

Navarrete vs De Vaca Close Up Highlights

サンティシマ

19勝16KO2敗、23歳のフィリピン人。
キャリアの初期に負けがありますが、現在17連続勝利の快進撃。

Jeo Santisima – the new boxing super star of Pinoy (fights highlights 2017)

フィリピンの伝統を守りフルスイングのハードパンチャーです。
長身で細かい攻防は省略し力で正面突破。非常に分かりやすい選手です。
弱点は大振りなので消耗が激しいのとディフェンス。
長短ナバレッテと似たような特徴のある選手です。

ナバレッテと比べると得意な距離は近く中間距離での殴り合いに持ち込むことができればこのパンチなので何が起きてもおかしくありません。
ナバレッテはパワーと獰猛さに隠していますが、ディフェンスに穴があり且つ危険なタイミングでもパンチを交換してくれる選手です。
普通はやれと言ってもできませんのでそれが彼の強みでもあるのですが、ハードパンチャー相手なら大きなリスクのある戦術です。

身長はそんなに変わりませんが、ナバレッテはおそらく10cm以上サンティシマをリーチで上回るはずです。
もし中間距離に持ち込めずもたついているようなら、アバレッテに滅多打ちににされる危険があります。

ただ私は初めて見た瞬間からサンティシマのスタイルに魅了されています。
ナバレッテに打ち勝ち井上包囲網をフィリピン人で固めてほしいと思います。

スパーリングとはいえ井上のハードパンチを経験したサンティシマが今更ナバレッテのパンチに驚くということはないでしょう。
頑張れサンティシマ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました