ファイターペディア ハイメ・ムンギア

toe2toeのYouTubeチャンネル
ファイターペディア

ハイメ・ムンギア

データ

35勝28KO
23歳
メキシコ
身長183cm
リーチ?
KO率80%

特徴

スーパーウェルター級を卒業した元王者。
ミドル級の門番オサリバンをKOするも長短はっきりしています。

ミドル級はカネロ、ゴロフキン、チャーロとスーパーウェルター級より一段レベルが高くこれまでのようにはいかないでしょう。
カラム・スミスや井上、デニス・ホーガンに苦戦している現状では良くて善戦、悪ければKO負け。
高確率で負けるはずです。

ムンギアの大きな穴であったディフェンスを改善させるためエリック・モラレスをトレーナーとして雇い

小さな格下相手だとすまじいパフォーマンスなので、これを強豪相手に出せるかが今後の彼のキャリアの鍵ですね。

パワー

ミドル級のハードパンチャーにもまったく引けをとりません。
体格差もありますが王座を奪ったアリ戦のトンでもないパワーには驚きました。

このパワーを利用されないような戦い方を覚えて、これを活かすことができれば実力は飛躍的に高まるはずです。
現状ではパワーはあるものの精度が低く、倒せないどころか危険すら招きます。
しかし改良次第では非常に強力な武器となります。

持久力

4回でバテるような明らかな飛ばしすぎでも終盤戦まで行くことができる豊富なスタミナがあります。
アロテイ戦ではペース配分にも改善が見られ、無駄にブンブン振り回さずここぞという時に力を使いました。
しかしオサリバン戦では相変わらずブンブン振り回しまわしあげくカウンターを取られる始末。
スタミナの使い方を覚えられれば12回ある世界戦では超超超強力な武器です。

精神力

初回から36分あることを知らないかの如きペースで力を出しきれる無鉄砲さがあります。
しかし陸上の世界記録を出した選手達の共通点でもあります。
勿論冷静な戦略もペース配分も非常に重要です。
しかし出し惜しみなし、最初からベストを尽くす。
私はムンギアのそこに大きな可能性を感じます。

若さ

ムンギアはミドル級でも最高峰の潜在能力を持て余しており、これを使いこなすことができればチャーロやカネロ、ゴロフキンに匹敵するはずです。
それどころか越えていきそうなほどの心身の強靭さを感じます。

23歳とまだまだ若く舵のとりかた次第では歴史的な選手になれる素質があると私は感じています。
このまま善戦男で終わるか、カネロに取って代わるスターになれるか、ミドル級はこれまでのように力で押し切れるようの階級ではありません。
若さを味方につけて飛躍してほしいと思います。

弱点

有り余る体力で弱点はカバーしていますが、カラム・スミスやデニス・ホーガンには打ち終わりや大振りの隙を散々突かれました。
他にもペース配分など細かいことを挙げればきりがありません。
しかし私はこれまでそれらの欠点を補ってきたムンギアの強靭さに期待しています。

ビッグネーム相手にこれまでのようなボクシングではKO負けの確率が高く、現状だとミドル級の名勝負製造機程度の役割しか果たせないと感じています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました