スポンサーリンク

ラフシャンベク・ウマルザコフ ウズベキスタンのハンマー10戦目

toe2toeのYouTubeチャンネル
プロスペクト
スポンサーリンク

試合内容

ウズベキスタンのハンマー、ウマルザコフ9勝6KOの10戦目です。
10戦目にしてはかなり濃いキャリアです。
RCCプロモーションという鬼畜プロモーターは甘いマッチメイクは許しません。
相手はコロンビアのエスニカー・コレア 13勝11KO1敗1分。と素晴らしい戦績です。

RCC Boxing | Равшанбек Умурзаков, Узбекистан vs Еснейкер Корреа, Венесуэла | Неожиданный результат

コレアは足を小刻みに動かして距離を取り打ち合いは徹底して拒否します。
ウマルザコフはプレッシャーかけますが、コレアの手数が多く思うように踏み込めません。コレアの攻撃と同時に踏み込んでいきます。

2回も動き回るコレア。ウマルザコフはやり難そうでイラついているのか少し雑になってきました。

3回は落ち着いたウマルザコフ。じりじりとプレッシャーをかけながら時少しずつ削ります。
コレアはクリンチも使いながら何とかウマルザコフの攻撃をしのぎます。

4回この回はかなり距離が近くなってきました。
コレアはクリンチで減点を受けます。苦しい展開です。
ウマルザコフはプレッシャーを強めてクリンチを封じられたコレアに襲い掛かります。

5回クリンチを封じられたコレアはパンチでウマルザコフを突き放そうスタミナを使います。
コレアが左フックをウマルザコフにヒット、ダウンを奪い一気に襲い掛かります。ウマルザコフはキャリア初のピンチです。
リプレイを見るとウマルザコフはタイミングを外されて顎に直撃しています。

6回ウマルザコフはまだ回復せずアウトボクシング。
コレアは前の回で疲れたのかこの回は手数が落ちました。
ウマルザコフは軽いパンチでも膝が揺れています。

7回疲労で動きの落ちたコレアの攻撃が当たらなくなりました。
ウマルザコフ逆転の兆しです。
しかしコレアは5回と同じパンチでさらにダウンを追加。
骨折しているのかウマルザコフがしゃがみこみました。

ウマルザコフがギブアップ。
コレア、KO率通りのパンチャーでした。

感想

ラヒモフvsフジレもそうでしたがRCCのマッチメイクはやっぱり甘くありませんね。
天才しか生き残らないというか生き残った男が強い、というロシア式の育成ですね。

シャフカト・ラヒモフvsアジンガ・フジレ(尾川と対戦予定だった) ファーマーへの挑戦者決定戦
試合内容 フジレって確か尾川が日本で試合しようとしていた選手じゃ。 なんだか見覚えが。 フジレが14勝8KO ラヒモフ14勝11KOKO率が違いますがラヒモフ、フジレ共に14勝。 IBFタイトルへの挑戦権が争われます。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました