スポンサーリンク

ギレルモ”モンスターハンター”リゴンドー

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース
スポンサーリンク

井上尚弥vsギレルモ・リゴンドー

モンスターハンター?

先週末のソリス戦。
大きなブーイングが起こるほどリゴンドーの戦い方が嫌われていることは分かりました。
しかし打たせずに打つというボクサーとしての完成度はやっぱり高く、40歳近いリゴンドーですがほとんど動きは落ちてないように見えましたし、あのリゴンドーを攻略できる選手はバンタム級だと思い浮かびません。
可能性があるとすれば唯一井上尚弥だと思いますが、ドネアやソリスのような結果になることも簡単にイメージできてしまいます。
あのブーイングを考えるとアメリカでの需要はなく、トップランクがアメリカの試合で井上の相手にリゴンドーを選ぶとは到底思えません。

日本なら「全盛期ドネアを完封した男が来日!」だと需要はあると思います。
ただ絶対にドネア戦のような熱い試合にはなりません。

ボクシングファンとして私は井上vsリゴンドーを見たい気持ちがありましたが、まさかリゴンドーがここまで嫌われているとは思いもしませんでした…
リゴンドー、ソリスに勝ちましたがもしかしてキャリアは詰んでしまったかもしれません。

リゴンドー
井上は素晴らしいファイターで戦士だ。
ドネアとの戦いは素晴らしいものだったね。
井上にとっては厳しい試合だった。
ミスターアラムは彼のファイターが私と戦うとどうなるのかよく知っているんだ。
彼次第だ。
私は誰とでも戦う。PFPだと自負している。正当な王者でもある。
バンタム級で最高齢の王者として歴史に名を刻んだ。
さあ、誰が私と戦いたい?

誰も私とは戦いたがらない。
長い間戦えなかった理由だ。

今までは大きなファイターと戦ってきたが、今はベストな階級に戻って来た。
誰が相手でも構わない。いつでも準備はできている。

40歳の男が誰でもいいとか最強の男と戦いたいと言っています。

コメントはやっぱり批判的な声が大きく「一晩中走り回ってモンスターハンティング?」「クリチコvsクリチコ in スローモーション」。
プロのエンターテイナーとしては失格かもしれませんが、ボクサーとしては正しいんですよねリゴンドーは。

★ Guillermo "El Chacal" Rigondeaux | Defence Tribute ᴴᴰ

コメント

タイトルとURLをコピーしました