スポンサーリンク

スーパーミドル級最強 ランキング

toe2toeのYouTubeチャンネル
ランキング
スポンサーリンク

プラント防衛で更新。
層が薄い階級で更新頻度が低い。

層が薄い階級

スーパーミドル級

72.575 – 76.204kg

1位 デビッド・ベナビデス

22勝19KO
22歳
187cm
KO率86%

体の緩さとは裏腹に強く速いパンチに加えて強力なコンビネーションとカウンターも得意としている選手です。
殴り合いならこの階級最強だと思われます。
王者以上の相手でなければ手に負えないでしょう。

アンソニー・ディレルの危険なタイミングのパンチを受けても怯むどころかニヤつく変態。
いや、あれこそ強者のメンタル。
殴られた後はすかさず
「やりやがったな、痛い目合わせてやるよ」
というジェスチャー。
勝つべくして勝つ男のメンタルでした。

カラム・スミスでも勝負にならないのではと思えるほど心身の強靭さがあります。

David Benavidez – Knockouts & Highlights 2018

2位 カラム・スミス

27勝19KO
29歳
191cm
KO率70%

WBSS王者ですが、名のある選手はグローブスとエンダムのみ。
負けは多いもの気合の入ったジョン・ライダーとの試合で大苦戦。
チャンピオンシップラウンズはボコボコに殴られまるで敗者の内容でした。
ライダーのスピードと接近戦に手を焼き、悩まされ続けました。
気力の充実した選手が相手だとまた苦戦するイメージが湧きます。

グローブス、ライダー戦を見るとボクシングができる喧嘩屋ベナビデスとは精神面で大きな差があるように感じました。

ディレルの鋭いパンチを受けても怯むどころか向かっていくベナビデスとライダーの猛攻に手を焼くスミスでは勝負にならないかもしれません。

Callum Smith – Knockouts & Highlights

3位 カネロ・アルバレス

53勝36KO1敗2分
29歳
173cm
KO率64%

ついにこの階級にまでやって来ました。小さな王者です。
戦歴はずば抜けていてミドル級最強だったゴロフキンに勝ってミドル級とこの階級のベルトを保持しています。
もはやベルトのために戦う選手じゃないのでビッグファイトを求めています。

ディフェンスとカウンターはこのスポーツ屈指。
ゴロフキンを上回るパワーも見せ、スタミナという弱点を短期間で克服する強さも見せました。
スーパーミドル級のフィールディングの腹をピンポイントで突き刺すなどボクシングに向き合う姿勢は本物です。

Canelo Alvarez vs Rocky Fielding Highlight

この階級の大型の王者と戦うには骨格が小さく感るのでこの位置。
でもボクシングの可能性を見せて欲しい。

3位 ケレブ・プラント

20勝12KO
27歳
185cm
KO率60%

ウスカテギのパワーを封じ込めベルトを奪いました。
まだ王者になったばかりで名のある相手との対戦がなく大きなプレッシャーに対応できるかは未知な部分があります。
この階級の他の王者と比較するとパワーで劣るので王者対決は厳しいかと思っていましたが、このテクニックならでかいベナビデス以外にならやれるんじゃないかと最近は思えてきました。

Caleb Plant / Sweethands (2019 HD Highlights)

5位 ジェシー・ハート

26勝21KO2敗
30歳
191cm
KO率75%

2戦ラミレスと戦い互角。
人気で敗けにされましたがいい選手です。
でかいのに俊敏に動け、ラミレス戦では押し込んでいく打ち合いも見せました。
ラミレスとハードに戦えるフィジカルで実力は王者級。
今後もタイトルに絡んでくる役者です。

Jesse Hart – Highlights / Knockouts

6位 ビリー・ジョー・サンダース

29勝14KO
30歳
イギリス
身長180cm
KO率48%

パワーはありませんが、フットワークとヘッドムーブメントに優れたディフェンスマスター。
ミドル級とスーパーミドル級を行ったり来たり、何級なのかは分かりません。
ビッグファイト以外は緩い防衛しかするつもりがなくモチベーション次第で試合の出来が異なります。
ユーバンクやレミューに勝利し全勝を維持しているので実力はあるはずです。
誰に勝っても驚きませんが、誰に負けても驚きません。

ミドル級とライトヘビー級をうろついている選手ばかりで中量級では一番層が薄いですね。

プロスペクトのアクメドフは姿がゴロフキンのようでパンチもゴロフキン級。

コメント

タイトルとURLをコピーしました