アレハンドロ・ゲレロ ライト級 プロスペクト

toe2toeのYouTubeチャンネル
プロスペクト

ハレハンドロ・ゲレロ

データ

11勝9KO
22歳
アメリカ
身長168cm
リーチ169cm
ライト級

今年活況のライト級のプロスペクトを紹介。

試合内容

今月行われた試合です。
相手はホセ・アングロエクアドルの23歳。
12勝5KO1敗。

Alejandro Guerrero vs Jose Angulo 3/13/2020 Full Fight Boxing

初回両者共にきびきび動きます。
アングロは鋭いコンビネーションを披露。左が切れます。
アングロも左右のハンマーを振って威嚇。
回転力はアングロ、パワーならゲレロ。
どちらも活きがいい、これは激戦の予感です。

2回はアングロがプレッシャーをかけます。
ロープに追い詰めて鋭いパンチ。アングルの大振りは上手く外します。
アングロのボディーショットが下腹部に直撃。
ゲレロは痛そう。

3回、アングロは先ほどの恨みを晴らすべく襲い掛かります。
アングロのガードに重い拳を叩きつけてロープに送ります。
しかし時々危険なカウンターをアングロがヒットします。

4回ゲレロが前進しアングロも応戦。
ほとんど差はない好勝負ですがパワーでゲレロの印象がいいか。
途中ゲレロが前進をやめて横に動きながらアングロの攻勢をさばきながらカウンターを狙っています。
アングロは比べると攻めの迫力が足りないか。

5回前の回で力を溜めたゲレロ一瞬スパートするもアングロが逆襲。
ゲレロは疲労か力が落ちました。アングロの手数が効果的です。

6回ゲレロのカウンターでアングロの動きが止まり、ゲレロが猛攻。
アングロもこの日初めて力を込めたパンチを披露。打ち合います。
激戦、我慢比べの様相。

7回は疲れが見え始めたゲレロがボクシング勝負。
アングロが追いかけます。
ラウンド終盤はカウンターをヒットしたゲレロが猛攻。

8回気持ちのいい打ち合い。
お互いに全力を投入します。
ゲレロの精度が上回ります。
アングロは疲労とダメージでこの回は力がありません。
ゲレロのパンチがヒットしアングロピンチ。千鳥足でロープに寄り掛かったところでベル。

MDでゲレロ。
良い試合でした。

感想

アングロは負けはしたもののいい選手でした。
守りも良くスピードがあってこの段階で負けが2つなのが意外なほどです。

ゲレロはプレッシャーとパンチがあり好戦的で面白い選手ではあります。
相手のパンチを受け止めらがら前進する上にしっかりクリーンヒットを奪われていたのでパンチャー相手だと今日の戦い方だと不安が残ります。
幸い途中ヘッドムーブメントとフットワークを駆使したボクシングも見せていたので戦い方は一つではななさそうです。
日本王者の吉野はこのレベルと戦ってほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました