スポンサーリンク

ホセ・ラミレスはテレンス・クロフォードの試練たりうるか

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース
スポンサーリンク

ホセ・ラミレスvsテレンス・クロフォード

クロフォードの試練

2冠王者ラミレスはコロナで中止されてしまいましたが本来であれば曲者ビクトル・ポストルと戦うはずでした。
ポストルはルーカス・マティセより上でクロフォードやジョシュ・テイラー未満の実力者。
ただマティセには明確に勝っていますし、クロフォードもテイラーも苦しめました。
つまりマティセよりクロフォードとテイラー寄りの位置にいる間違いない実力者。

そのあとは2冠王者のテイラーと4団体統一。
コロナがなければ今年見れるかなあなんて思っていたんですけど残念です。

ラミレスはポストルの後はウェルター級進出を考えているらしく、クロフォードを標的としています。

ラミレス
ウェルター級ではタイトルに繋がる試合をしたい。クロフォードがいいね。
彼はいいファイターだ。クロフォードとリングをシェアできるなんて光栄だよ。
クロフォードには今までと違う体験をしてもらうつもりだ。
彼の力を引き出してみせる。
ウェルター級ならさらに筋肉を上乗せできる。
より強いホセ・ラミレスだ。
スーパーライトの俺より強くできると感じている。
俺は背も高いし骨格も大きい。
筋肉を上乗せすればいい意味で大きく変化するはずだ。
その後はウェルター級に留まる。
高いレベルで長い期間競争できると思う。

ラミレスとクロフォード面白そうです。
ラミレスvsフーカーは物凄い試合でした。
初回から猛烈な攻撃でフーカーを追い回し、さらに頭で押し込こんでロープに詰めフーカーの足を封じるダーティーな戦術。
フーカーのパンチを受けても一切怯まない気持ちと体の強さ。
そしてチャンスを見逃さない尋常ではない集中力と詰めの鋭さ。
フーカーとは基礎体力が全く違う。
猛獣の生命力のような生き物としての強さを感じました。

Hooker vs Ramirez Highlights

クロフォードのスイッチもカウンターも相手からすれば相当邪魔な武器ですが、ラミレスはスイッチなんて意に介さないだろうしカウンターじゃ止まりそうもない。
ボクシングも当然上手いですが、それじゃだめだと分かったらきっと肉弾戦をしてきますフーカーの時のように。
フーカー以外の試合でもそうでした。
ラミレスは削り合いの消耗戦ができます。その覚悟があります。

スペンスと戦った時のポーターから感じた底知れない体力。
あの時のポーターが見せたように猛烈な運動量と鉄の顎、そして尋常ならざる集中力と執念。
打ち合いや乱戦を嫌ったスペンスはペースを奪えませんでした。
井上とドネアもそうでした。

クロフォードとラミレスもそんな風になる気がします。
スペンスvsポーターがそうでした。
相手の2倍のパンチに耐え、それでも衰えぬ執念そして乱戦に引きずりこむ無尽蔵の体力。

勝つためならどんな犠牲も厭わない、ラミレスのような男が一番やばい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました