スポンサーリンク

ゲイリー・ラッセルJr「ライアン、ヘイニー介錯してやろう。首を、洗っておけ」

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース
スポンサーリンク

ゲイリー・ラッセルJr vs ライト級

フェザー級最強の男

ボクシング最速の拳を持つ男。
フェザー級でロマチェンコを自由にさせず、ロマチェンコの評価が上がると一緒に評価が上がっていく男。
最強の挑戦者ニヤンバヤルを退け、一階級上の王者ジョセフ・ディアスをあしらった男。
しかしラッセルは現状に一切満足していません。
フェザー級最強の男はビッグファイトを求めて2階級上のライト級を目指します。

フェザー級に敵はいません。恐らくスーパーフェザー級はやれるでしょう。
しかし、ライト級。
この階級の競争は熾烈。
スーパーフェザー級やフェザー級とは激しさが違う。

デービス、ライアン、テオフィモ、そしてロマチェンコ。
ラッセルと遜色のない運動性能を誇る選手達が顔を揃え、さらにサイズで上回ります。
いくらラッセルがPFP級に強いと言えど、ライト級は高い壁。

ラッセル
俺は多くを語る方じゃない。
だが、俺が話し始めた時は静かに注目しろ。
そして正座(勝手に付け加えました)して聞け。
ヘイニー、お前はおやじのせいで危険な目にあうことになるんだ。

ライト級。
首を洗って待っていろ。

ライアン・ガルシア。
お前もだ。

“タンク”デービス
おいワンコ。どうした?こっちだぞ?

雰囲気だけ。

ラッセルvsライアン・ガルシア

ハンドスピードと技術なら間違いなくラッセル。
だけど近づけるか…
ライアンのパンチは当たれば終わる。
ボクシング界屈指のワンパンチフィニッシャー。

戦術的な幅は狭くてラッセルの戦い方が上手くいけば勝てるか…。

ラッセルvsジャーボンテイ・デービス

ボクシング界屈指の身体能力を誇る「タンク」。
それだけじゃない。タンクは上手い。意外にもなんでもできる。
でも体格差が一番小さく戦えそうではある。

ラッセルvsテオフィモ・ロペス

この男もボクシング指折りの身体能力。
タンクよりでかくてパワーがある。
ただ技術的にはタンクとロマチェンコに劣るかもしれない。

ラッセルvsワシル・ロマチェンコ

フェザー級で技術で上回られて負けている上にロマチェンコはその後さらにプロへ順応。
ライト級での経験も長く勝つのは厳しいと言わざるを得ない。

ラッセルvsデビン・ヘイニー

飛びぬけた武器があるわけではないから一番戦いやすそう。
ただ体はタンクやテオフィモより大きい。
フェザー級でも小柄なラッセルには不安要素。
それにフェザー級と比較しても遜色ないスピードに2階級上のパンチ力。
でもラッセルならやれる気はする。

こうやってみるとデービスはなんとくですが戦えそうな気が。
テオフィモとライアンは上手く戦えてノーミスという前提でラッセルならチャンスありそう。
ノーミスでやれたら誰でもそうするんですが…
ヘイニーが一番やりやすそう。

ロマチェンコには多分勝機なし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました