ライオンズ・オンリー 檻にいるのはユーバンクか、それともジャモールか

toe2toeのYouTubeチャンネル
コラム

ジャモール・チャーロvsクリス・ユーバンクJr

超人ユーバンク

世界王者の父を持つサラブレッド。
サラブレッドと言えばフリオ・セサール・チャベスJrです。
練習嫌い、私生活の乱れからレジェンドである父から受け継いだそのポテンシャルの全てを活かしきれていません。
不屈の闘志、呆れるほどの頑丈さ、父になかったサイズ、圧倒的パワー。ファイターのフルパッケージ。
「伝説の続き」だった、全て持っていた。カネロになれた男。

カネロに成れた男 フリオ・セサール・チャベス Jr
カネロに成れなかった男 チャベスJrが週末に試合するというニュースです。 相手は25勝10敗のコロンビア人なので私は見ません。 2世ボクサーでパッと思い浮かぶのはフロイド・メイウェザーです。 彼は父の築いたボクシング界での遺...

ユーバンクはチャベスJrと違って私生活は真面目そうで体は常にキレッキレ。
試合も最初から最後まで、激しく戦えます。
技術的なことを言えば細かい攻防を省略した正面突破は乱暴で大味な印象を受けてしまいます。
が、そのスピードとパワー、スタミナに打たれ強さは驚異的と言わざるを得ません。
特筆すべき身体能力でアスリートとして優れています。

ユーバンクJr
「ジャモールはあんまり感じのいい男じゃないな。
はっきり言って好きじゃない。
あいつの伸びちまった鼻を少しひしゃげてやりたいと思ってるところだ。

ジャモールは誰に勝ったんだ?
そりゃあ相手が弱けりゃ強く見えるだろう。
キャリアを見ればわかる。

今あいつは丁度良くベルトを持っているからな、奪ってやりたいね。」

ジャモールはスーパーミドル級へ進出しデイビッド・ベナビデスという巨人へ挑むとSNSで公言しています。
コロボフの脱臼で勝利したユーバンクに勝つより得るものが大きいでしょう。

もし戦うとして、大方の見方はジャモール有利でしょう。
しかしユーバンクの身体能力は侮れません。
ジャモールも優れた身体能力がありパワーで勝りますが、敏捷性ではユーバンクが上。
しかも後半バテるジャモールと違ってユーバンクは激しく戦えます。

さらにユーバンクは苦戦慣れもしていて上手くいかなくても挫けません。
案外馬鹿になって一発を狙い振り回すことができるだけの頭の柔軟性があります。
つまりいざとなればユーバンクは驚異的なスタミナと顎が活かした乱戦という切り札を切ることができます。

乱戦を嫌う傾向にあるジャモールを半ば強引にユーバンクが彼の土俵に引きずり込むことも容易に想像できます。
ジャモールがユーバンクの身体能力にどう対抗するのか興味をひかれました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました