スポンサーリンク

天才シャクールをウォーリントンが深海へ引きずり込む

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース
スポンサーリンク

ウォーリントンvsスティーブンソン

全く興味のなかったフランプトンとの試合。
惰性で観戦してウォーリントンに惹かれました。

興味はないけど一応 フランプトンvsウォーリントン
個人的に興味のない二人。 おお初回からウォーリントンは自信満々に打ち合います。 ちょっと気迫に面食らったフランプトン。効果覿面。ちょっと弱気か。 攻撃ははフランプトンが鋭いですがウォーリントンは倍返してきます。 初回から勝負所で...

初回から正気とは思えない猛攻。
疲れるかと思えば疲れない。上手く休みながら12回の全力勝負。
ウォーリントンの試合にかけた準備と意気込みが勝利を呼びました。

そんなウォーリントンはメイウェザーの再来とも思えるディフェンスの達人スティーブンソンとの試合をずっとアピールしています。

ウォーリントン
スティーブンソンはまだ一度も深海(藻掻き苦しむような)を経験したことがない。
俺の裏庭(イギリス)で戦って勝てると信じているようだが、そんなに上手くいくわけないだろう。

早く戦いたいんだ。スティーブンソンが成長しているからじゃない。
彼が強くなっているとかそんなことはどうでもいい。
階級を上げてしまうことを心配している。

ウォーリントンは我を失うほど真っ暗で何も見えないボクシングの深淵へ天才スティーブンソンを引きずり込めるのか。
それともスティーブンソンはウォーリントンの住む深海ですら快適に適応してしまうのか。

フェザー級最強はラッセル

私はラッセルの強さはPFP級だと思っています。
トップアマのハードパンチャー、ニヤンバヤルと現スーパーフェザー級ジョセフ・ディアスへボクシングのレッスンを施しました。
スティーブンソンとラッセルが交わることはないとは思いますが、フェザー級ならこの二人の試合が最高峰です。

ただウォーリントンのど根性がこの二人の天才を深海へ引きずりこめるのならそれが一番見てみたいとは思います。
フランプトンやガラハドを沈めることができたウォーリントンの住む深海は想像以上に深いでしょう。
ラッセルやスティーブンソンの底知れない才能が深海のウォーリントンに飲み込まれるかもしれません。
ウォーリントンのあの気迫に苦戦しない選手はいないでしょう。

華やかなスタイルのスティーブンソンが泥臭いウォーリントンに挫かれるのに密かに期待しています。

ジョシュ・ウォーリントンvsキッド・ガラハド 英国対決
勝利の習慣 試合内容 初回は予想に反してガラハドが挑戦者らしく積極的に来ました。気合十分です。 ウォーリントンも自慢のスタミナを活かして押し返します。 2回ウォーリントンはガラハドとボクシングしてても埒が明かないのは理解して...

でもやっぱりウォーリントンがラッセルとスティーブンソンが相手だと難しいだろうとは思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました