ファイターリナレスとエンターテイナーのライアン

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

リナレスvsライアン

ファイター

ライアン・ガルシアは果てはUFCファイターにまで喧嘩を売っていますが、一番確率が高くて需要が大きそうなのはホルヘ・リナレス。
これだけ期待が集まるとライアン・ガルシアもホルヘ・リナレスも退けません。
コロナ後は7月くらい、遅いと8月くらいに開催でしょうか。
楽しみです。

リナレス
戦わないという手はないよ。
ファンがいないと彼はどうなる?
私には全く関係ない。
私はどこへでも行く。
どれだけファンがいるか、どこでやるかは気にしない。

ライアン・ガルシアはソーシャルメディアチャンピオンだよ。
インターネットでなら誰とでも戦う。
私には分からない。UFCファイターにまで喧嘩を売っている。
階級の違うアブネル・マレスにも、そして私にも。

ライアン・ガルシアとの試合が待ち遠しいよ。
今はその準備のため毎日トレーニングしている。
ロマチェンコとの試合も望んでいる。
だから彼に言いたいのは少し待てということだ。

彼と戦うとしてもそれは個人的な理由からではない。
私は誰とでも戦う。
契約内容次第だ。

リナレスはデービスやヘイニー、ライアン、テオフィモの誰とでも戦うと宣言していますが、最優先はロマチェンコ。

ベネズエラの侍、居合の達人リナレス
リナレスvsライト級 ライアンは無視 トップランクが興行の見通しが立ったとかでようやくボクシングが見られそうです。 ただ原則は無観客ということなのでそれがパフォーマンスにどう影響するのかも気になります。 無観客の方が力がだせる選手も...

そしてやっぱりライアンを揶揄する言葉で一番ぴったりなのが「ソーシャルメディアチャンピオン」、「インターネットチャンピオン」ですね。
秀逸なあだ名だと思います。

エンターテイナー

ライアンのyoutube。
これは結構面白いです。
以前から思っていましたが、普段からこんな陽気なタイプなのかも。
酔ってんのかってくらいには「ハイ」です。
動画の最後にデービスの体型を貶してを挑発。

How to train like a professional boxer during quarantine | Ryan Garcia Vlogs

デービス(ガルシア)
あいつは今頃こんな感じだよ。
-ソファーに座る-

デービス「ガルシアは何してるのかな…」

-そして自分の腹を抱えて寝る-

(寝ているデービス)「…うわああっ…左フックがっ…寝むれない…あんな左フック…耐えられないよ(泣)」

エンターテイナーです。
ちょっと羽目を外し過ぎな感じもしますが、ライアンからボクシングへ興味を持つ層も多いと思います。
「インターネットチャンピオン」とかいろいろ言われていますが頑張ってほしい。
これでリナレスやデービスといったライト級を倒せればカネロに並ぶスーパースターです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました