ギエメル・マグラモとジョンリエル・カシメロ

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

中谷潤人vsギエメル・マグラモ

マグラモは25勝21KO1敗のオーソドックスのフィリピン人。
唯一の負けはムハメド・ワシームに喫したもの。
優しそうな顔ですが、KO率通り技巧派のパンチャーです。
よくいる一発狙いのフィリピン人ではなく、名門エロルデジムでしっかりと訓練された選手です。

マグラモ
パンデミックによって満足に練習ができていないが、それは仕方のないこと。
みんなの為にこうするしかないんだ。
私も練習期間が伸びたと思って前向きに考えているよ。

トレーナー エロルデ
マグラモにとっていい期間だ。
この期間に準備し完璧な戦略を用意する。

Giemel Magramo vs. Petchchohae Kokietgym | ESPN5 Boxing

寺地との貴重なスパーリング映像。

Ken Shiro vs Giemel Magramo

足を止めた打ち合いの選手なので中谷にはやりやすいと思います。

中谷

中谷は長身の技巧派。
日本のトッププロスペクトです。
全階級で一番チャンピオンに近い選手だと思います。
22歳、パワーがついてきています。

八重樫を倒したメリンドをKOしています。

中谷潤人vsミラン・メリンド 日本フライ級トッププロスペクト
試合内容 八重樫を初回KOし田口、拳四郎に連敗し今度は中谷。 高いレベルで戦っていますがそろそろ限界の年齢でしょう。 中谷が右で距離を測りながら強烈な左を上下に伸ばしていきます。 かなり身長差があってメリンドは行くに行けません。...
GIEMEL MAGRAMO VS JUNTO NAKATANI 中谷潤人 || FIGHTER HIGHLIGHTS

内容としては足を止める傾向にあるマグラモを足を使う中谷が長身を生かしたボクシングで判定勝ち、終盤KOもあるんじゃないかと思います。

懸念はコロナで厳戒態勢を敷いているフィリピンからマグラモが出国できるかといったところでしょうか。
練習内容もかなり限られているようでコンディションも気になるところ。

そう言った意味では井上尚弥と戦うカシメロのコンディションも気になります。
井上は彼のことなのでぬかりなくトレーニングを積んでいるでしょう。
コンディションは3団体統一ということを考えれば過去最高も考えられます。

しかしカシメロ、アメリカで練習できているのか…
練習不足ならWBSSの時みたいに井上に瞬殺されてしまう確率もありますからね。

まあでもこの映像から見た感じだと…
バスケットボールを突きながらのびのびやってるみたいです。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

フィリピン人は規律に押し込められるよりのびのびやった方が強そうな気がしますので、逆に楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました