リナレス「勝てる相手に勝っているだけのおしゃべり野郎」

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

ホルヘ・リナレスvsライアン・ガルシア

おしゃべりくそ野郎

淡々と冷静な態度でライアンの行動を刺していくリナレス。
痛いところを突きます。
嫌ですね、この戦い方は。
正面衝突せず、相手の嫌がることをする。
リナレスはボクシングの鉄則を実行し追い詰めます。

これぞ大人な戦い方ですね。

リナレス
彼はおしゃべりが好きだね。
彼は確かまだ21歳だろ?
私はその時オスカー・ラリオスと戦っていたんだ(フェザー級タイトル戦)。
彼には人を惹きつける才能があるよ。才能も認める。
だけどまだビッグネームは早い。
おしゃべりが過ぎる。

才能は認める、だけどもっと時間をかけるべきだ。
こんな時期だしね。
彼にはスピードがある、そしてパワーもある。
私達は数年前に一緒にトレーニングしたことがある。

どれだけパンチに耐えられるのかも試されていない。
彼はエドウィン・バレロとは違うんだ。

早い回のKOで試合を終わらせている。
だけど、私の言いたいことも分かると思う。
優れたボクサー相手にそれをやらなければ意味がないんだ。

私は誰からも逃げないよ。逃げる必要がない。
誰もが嫌がる相手と戦うよ。
彼とも当然戦いたい。

だけど彼はおしゃべりが過ぎる。
彼のチームは分かっているみたいだ、私とは戦えないとね。

こっそり同い年の自分が既にタイトル戦を行うレベルにいたことを挟むあたり、やり手の戦術家です。

そしてライアン。
あれだけタンクやリナレス、テオフィモを挑発しておいて選ぶ相手が小さなマレス。
ライアンのことが嫌いなわけではありませんが、周りの人は分かっているってことです。
勝てる相手に勝っているだけだと。
リナレスが言うようにおしゃべりだけだと信頼を失います。
来年は本格的なライト級との試合に期待ですね。
そしてこれだけ騒ぎ立てた後です、弱気なマッチメイクはファンが許さないでしょう。

そしてリナレスの活躍にも期待です。
いつしかベテランのファイターとなったリナレス。
残るキャリアはビッグファイトを目指していくはず。

若い選手にボクシングの何たるかを教えてほしいベテランでもう一度ベルトを巻いてほしいと思える選手です。

ライアンとの試合は今年見られるかとも思っていましたが、お預けですね。
リナレスはライアンを心配している風でいて、本質的には攻撃しています。
このリナレスの一筋縄ではいかない手口、好きです。

関連記事

ファイターリナレスとエンターテイナーのライアン
リナレスvsライアン ファイター ライアン・ガルシアは果てはUFCファイターにまで喧嘩を売っていますが、一番確率が高くて需要が大きそうなのはホルヘ・リナレス。 これだけ期待が集まるとライアン・ガルシアもホルヘ・リナレスも退けません。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました