ベテルビエフ 怪物のトレーニング

toe2toeのYouTubeチャンネル
スパーリング動画

ベテルビエフ トレーニング

最新の動画

縄跳びにパンチを当てたりと独特なトレーニングが多いですね。

メディア向けにリポーターにボディープロテクターをつけさせてぶん殴っています。
本気には見えませんが痛そうです。

バッグ打ちとミット打ち。

風貌に似合わず力任せに打つことなく丁寧ですよねベテルビエフは。
強いわけです。

ストレングストレーニング

風貌と全KOのイメージが先行して派手な練習を想像してしまいますが、地味で繊細なトレーニングをしています。
インタビューでも寡黙な印象でボクシングもガードが高く大振りせず、非常に訓練されている選手です。
本当に地道にコツコツ積み重ねていける選手なんでしょうね。

ロシアのトレーニングはハンマーを使う伝統があります。
ただハンマーを使ったトレーニングは気をつけなければなりません。
元ミドル級王者ドミトリー・ビボルピログは練習中の事故で背中を強打し選手生命を絶たれてしまいました。

スパーリング


パスカルスパーリング
フランス語?何言ってるのか分かりません。

コバレフと試合をしてベテルビエフと激しいスパーリングをこなしたパスカルに二人の印象を聞いてみたい。
どっちが強いのだろう。

オマケ
レミューvsパスカル

コメント

  1. GGG より:

    ビボルではなくてピログではないですか?
    ベテルビエフがカネロにKO勝ちでもしたら最高なんですけど、元気なうちはやらないでしょうね。

    • とぉとぅぉとぉ より:

      すみませんピログでした。
      訂正しておきます。
      グヴォジク戦の強さたるや半端じゃありませんでしたからね、やるとしても衰えてからは間違いありません。

タイトルとURLをコピーしました