「ライオン」ヤーデvs「ローンウルフ」ブアツィ 密林の闘争

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

英国ライトヘビー級

アンソニー・ヤーデ

ヤーデはその筋骨隆々とした身体とその身体に見劣りしない凄まじい身体能力を誇るイギリストッププロスペクトです(だった?)。
ロシア人が席巻していたライトヘビー級に現れた超新星で、セルゲイ・コバレフを倒すとも喧伝されていまいた。
しかし、結果は11回KO負け。
8回にコバレフを追い詰める大チャンスを演出するも負けを経験して老獪さを手に入れたコバレフをあと一歩のところで逃しました。

負けはしたもののヤーデの評価は下がることはなく、むしろ「アマチュアの経験もないのによくやった、これから経験を積めば化ける」と期待のこもった声も少なくありませんでした。

しかし残念ながらコバレフがその後カネロと試合でKOされてしまったのでヤーデの立ち位置は微妙になってしまいました。
確かに年齢や試合間隔などコバレフを擁護できる点は少なくありません。
とは言えカネロにKOされたのも事実で、ヤーデを苦しめ続けたコバレフのジャブをシャットアウトしていたのも事実です。
ファンもヤーデが強いことは分かっているはずです。
「でもヤーデはNo.1ではない」とも思われてもいます。

そのヤーデを背後から追いかけるもう一人の英国トッププロスペクトがいます。
コバレフへの負けを払拭するにはうってつけの相手です。

ジョシュア・ブアツィ

ガーナからの系譜を持つブアツィは同じく移民の子孫であるアンソニー・ジョシュアにマネジメントされているようです。

ジョシュア
ブアツィvsヤーデ?100%見たい試合だね。一ボクシングファンとしてそう思うよ。
ヤーデがライオンだとすればブアツィはローンウルフ(一匹狼)。
要するに密林の闘争、猛獣同士の狩りだ。
そして一人はオリンピアン(ヤーデ)。

私とディリアン・ホワイトとの試合を思い出すよ。
私がブアツィの立場だった。
ディリアンはラフで危険な男だったよ(でも勝った)。

だからブアツィを信じている。
だけど彼はもう一段階、実力を引き上げなければならない。
ヤーデはワールドクラスの経験がある。
負けはしたが、それは渇きを保ち続けているという証左でもある。
そしてもう一つ。
ベストはベストと戦う運命にある。

だけどそれは今じゃない。
もう少し時間をかける必要がある。

お互いにこの試合は必要でしょう。
ブアツィに格下を小突き回す必要は感じません。
ヤーデも上記の微妙な立ち位置を動かしたいはず。

ヤーデvsブアツィ

これまでの試合を見ればヤーデもブアツィもあまり苦手な距離はなさそうですが、ブアツィの方がインサイドでもアウトサイドでも技術的な幅を感じます。
「ブアツィがヤーデの暴風に晒されても動じなければ」という枕詞が必要になりますが私はブアツィを推します。
身長はboxrecによれば188cmとあるのでこれも少なからずヤーデを上回っています。

しかしヤーデのスピードとパワーの一点突破、これも超危険です。
ヤーデのそれはこの階級でも指折り、ブアツィも恵まれた能力を持っていますが瞬間的な強さならヤーデが一枚上手でしょう。

英国ライトヘビー級の覇権をかけた戦い。
面白そうです。

ジョシュアは同じく英国ヘビー級対決の決着よろしく!

Joshua Buatsi | The Knockouts | Quinlan, Averlant, Pokumeiko & more
THE BEAST – ANTHONY YARDE HIGHLIGHTS
ライトヘビー級最強 ランキング | toe2toe - とぉとぅとぉボクシング
ロシアvsカネロ スミスがエレイダー・アルバレスを粉砕した試合で更新。 ライトヘビー級 76.204 - 79.379kg 1位 アルツール・ベテルビエフ 15勝15KO 34歳 182cm KO率100% 唯一全koの世界王者で普通はノックアウトできない狭い空間でもノックアウトできる特殊な技と並の王者なら簡単に蹴散ら...

コメント

タイトルとURLをコピーしました