オレクサンドル・グウォジクが引退を発表

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

ライトヘビー級元王者

グウォジク引退

少しだけショックな話題です。
全勝全KO二団体王者のベテルビエフと死闘を繰り広げたグウォジクが引退を表明しました。
ウクライナ出身でロマチェンコやウシクと腕を磨いていた選手です。
ロマチェンコもボクシングな長く続けないと公言していますし、彼らが居なくなると寂しくなりますね。

グウォジクはベテルビエフの再戦へ熱意を注いでいましたが、それも上手くいかず。
ここで区切りをつけて新たなビジネスへ尽力するようです。

どんなビジネスなのか詳細は分かりませんでしたが、恐らくボクシング関連だと思います。
ボクシングでオリンピックブロンズメダルにプロの世界王者。
知的なボクサーで、これだけ勝負強くまた忍耐があるならビジネス分野でもきっと芽がでるでしょう。
いつかもう一度、今度は別の大きな花を咲かせてくれることに期待しましょう。

ライトヘビー級

グウォジクが不在となったライトヘビー級ですが、主役は相変わらず目を引く強さであるベテルビエフですね。
カネロは絶対にベテルビエフとは戦いません。

ビボルもカネロを追いかけてスーパーミドル級でもと発言しています。
この試合は興味を惹かれます。
同い年であり体格とスピード、機動力でカネロを上回るビボル。
DAZNでお互い試合をしています。
動く要塞と化したカネロを止めるのはビボル。

ベテルビエフは勝てないまでは言わないが体格差を考えるとちょっとカネロが可哀そう。

オレクサンドル・グウォジクvsアルツール・ベテルビエフ ライトヘビー級2冠戦
試合内容 ベテルビエフとグウォジク、まさかコバレフの前にベテルビエフと戦うのがグウォジクだとは思いませんでした。 どちらもパンチャーで間違いない実力者、両者の勇気を称えます。 初回いきなり突っかけたのはベテルビエフ。 グウォジク...

コメント

タイトルとURLをコピーしました