アンドリュー・モロニーvsジョシュア・フランコ

toe2toeのYouTubeチャンネル

アンドリュー・モロニーvsジョシュア・フランコ

これはエマニュエル・ロドリゲスに負けたジェイソンの弟?どっちが兄?
そしてロドリゲスは井上に負けてから一切試合ができていません…いい選手なので早く再起してほしいです。

世界タイトルを期待されているモロニーの戦績は24勝14KO1敗。
相手のフランコは17勝8KO1敗2分。

試合内容

初回、モロニーが積極的にジャブを伸ばします。
グラブをぴったりこめかみにくっつけています。
フランコはモロニーのスピードに手を焼いている印象。
しかしそれでも崩れることはなく、ガードを上げてじっくりいく姿勢を見せています。

2回もどうようにモロニーが軽快。
積極的にパンチを繰り出しますが、長丁場を決め込んだかのようにがっちりガードを固めるフランコからクリーンヒットを奪うには至りません。

3回はフランコがモロニーのスピードとハイペースに慣れてきたのか手数が増えてきました。

4回はフランコがプレッシャーをかけます。
ヒットはモロニーですが、このハイペースをどこまで維持できるか。

5回6回とモロニーのペースが少し落ちたのに乗じてフランコがペースをアップ。
この展開は苦しい。
モロニーは打たれ始めました。

7回は執拗にモロニーを追うフランコ。
時々効果的なパンチも当てています。

8回からモロニーは危険なラウンドが続きます。
フランコはあとどれくらい攻められる。
まだポイントは分かりません。
最後までこのペースで走れるか。

9回、モロニーは悪くありませんが、ずるずるポイントを失っているように見えます。
フランコは止まりません。

10回、モロニーが出血。

11回はフランコが徹底的に攻めます。
そしてモロニーがダウン。
ここへ来てのダウンは痛い。
モロニーにこれを挽回する余力はありません。
そしてダメージを引きずるモロニーは滅多打ちに会います。

最終回足を使い判定に望みをつなぐモロニー。
前半の貯金に賭けるしかありません。
フランコは勝負を決定的にするために攻めます。

UDでフランコ。

感想

一応アップセットになるんですかね。

序盤は手数とスピードでペースを握ったモロニーでしたが、その序盤はフランコはガードを固めて我慢。
少しずつ疲労でペースの落ちるモロニーに合わせてペースアップ。
フランコの後半の執拗な追跡は見ごたえがありました。

モロニーにもっとパンチがあれば変わったのかな?とも思える内容でした。
両者ともコンディションがすごい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました