井上はソフトだ

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

井上はソフトだ

戦わない

ナバレッテはドグボエを倒してから徐々に人気を集めています。
防衛戦を全てKOで片づけ、井上のスパーリングパートナーを務めたパンチャー、ジェオ・サンティシマも執拗な攻撃でKO。
サンティシマと井上の力関係も気になりますね。
ナバレッテは日本でも人気がある選手だと思います。

スーパーバンタム級の他の王者は同じくメキシコのレイ・バルガスと2団体王者のアフマダリエフです。
バンタム級の井上より同じ階級である両王者を挑発するのが筋ですが、実現の可能性が低いからかPFPの称号が欲しいのか井上を挑発しています。

しかし井上も発言している通りナバレッテとの試合の実現の確率は低そう。
ナバレッテはネームバリューに乏しいスーパーバンタム級からフェザー級への進出の計画があるようで、バンタム級制覇を優先する井上とは交わりそうもありません。
でも一応念のため挑発します。

ナバレッテ
井上相手でも問題ないと考えてるよ。
私には人と違う獰猛さがある。
ドグボエとの試合を見れば分かる。
井上とドグボエを直接比較することはできない。
だけど、スーパーバンタム級でドグボエは恐れられていた。
私が挑戦するまではね。

私には野心と獰猛さがある。
井上が私を倒せるとは思えない。
井上は大人しい。ソフトだ。
ドグボエほどの激しさは感じない。

確かに速くていいコンビネーションもある。
だけどドグボエでも効かせられなかった私を効かせられるか?
井上にやれることはほとんどないだろう。

フェザー級は厳しい

フェザー級ではナバレッテのパワーが相対的に小さくなる上に、頂点はラッセルとシャクールです。
他には王者と言えるか微妙なWBAを除けばウォーリントンです。
ナバレッテも自負する獰猛さは大きな武器であることは確かですが、上記のシャクールとラッセルはそれだけで押し切れるような選手ではありません。

ウォーリントンもシャクールやラッセルよりは勝機がありそうなだけで、少しも甘い王者ではありません。
何ならナバレッテより厳しいマッチメイクを勝ち抜いています。

ラッセルとシャクールは階級アップを公言しているので、彼らが階級を上げてその後釜狙いになるのかもしれませんね。

前回の試合はフェザー級でしたがコンディションは今まで私が見たナバレッテのイメージからは想像もできないほどで、体格的にナバレッテは減量が限界なのかもしれません。

井上vsナバレッテ

ナバレッテのパワーはドネアと同じくらいかもしれませんが、リーチと物量は比較になりません。
スーパーバンタム級の試合でナバレッテのコンディションがドグボエ戦と同じくらいだと仮定すれば、体格も含めナバレッテ有利じゃないかなあと思います。
ただ井上の一撃に沈むイメージも湧いてきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました