ジョセフ・ジョイス 1年ぶりの試合も相手を殴り続ける

toe2toeのYouTubeチャンネル
プロスペクト

ジョセフ・ジョイス

ダニエル・デュボアとの試合は延期になったんですかね。
この試合はブライアント・ジェニングスを殴り続けてKOした試合から約1年ぶりの試合です。

試合内容

1年ぶりの相手はマイケル・ウォリチ。
20勝13KO3敗のドイツ人。
ジョイスは10勝9KO。

大男二人が並ぶとリングが小さく見えます。
初回からジョイスが積極的に殴り続けます。
当てる数も多いですが、当てられる数も少なくない。

2回も手が止まりませんジョイス。
延々ウォリチを殴り続けます。
ボディーブローでウォリチがダウン。

3回もフックをヒットしたジョイスが畳みかけ、ダウンを追加。
再開後はジョイスが本気のパンチを腹へねじ込みウォリチがダウンしたところでレフェリーがストップ。

感想

この日も10倍返し戦略で相手をノックアウト。
デュボアのパンチにこれができればデュボアでもKOできますね。
あのパンチに耐えられる人間を想像するのは難しいですが。

KO決着の激戦は間違いありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました