流行のエキシビションマッチ

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

流行のエキシビション

メイウェザーvs天心

キックボクサーとボクサーの垣根を超え、体重差も実力差も超えたボクシングマッチが行われてからエキシビションが流行り始めたと思います。
コアなキックボクシングやボクシングファンの声はいざ知らずカジュアルファン層からの訴求力は大きかったようで、メイウェザーも天心も日本での知名度を拡大させました。

メイウェザーvs天心を実現させたRIZINはクラウドファンディングで大金を集め、もう一度メイウェザーを日本へ招待するつもりのようです。

天心との試合で味を占めたメイウェザーは日本でのエキシビションマッチに乗りきでトレーニングを再開した映像をソーシャルメディアで発信しています。

さらに今年はもう一つ。
国内外はマイク・タイソンvsロイ・ジョーンズJrの試合がどの現役選手より話題を呼び、注目を集めています。

マイク・タイソンvsロイ・ジョーンズJr

並みのレジェンド級ボクサーとも一線を画すような、オールタイムPFPに挙げられる両者の戦いを歓迎する声も多いと思いますが、安全面や試合の内容を不安視する声も少なくありません。

試合やトレーニングから遠ざかり50歳を超える両者が8ラウンズをヘッドギアなしで試合をするなんて、誰がどう考えても危険です。
もしどちらかがKOを狙って本気で殴りかかれば大事故も考えられます。

まあでも、大方の予想はガス欠によるグダグダな試合ですね。

ファンはエキシビションマッチを理解できるか

天心がメイウェザーに負けるのは当たり前で、K-1にボクサーが出場してボコボコにやられるのは当たり前です。
現役を引退したレジェンドがグダグダな試合をするのは当たり前です。

しかし残念ながら、初めて格闘技を見たファンがそこまで理解できるわけはありません。
グダグダな試合を見てボクシングつまんねーなとか、天心弱いじゃないかとか、ボクサーは蹴れば終わりという理解で終わってしまうような気がしてしまいます。

短期的には話題を呼び成功を収めることができるとは感じますが、長期的に見ると格闘技やボクシングの価値を貶めてしまうような気がしています。

無責任なファンとしては、引退した選手に大金を使うくらいなら日本や海外の有望選手の試合を継続して宣伝していくことにそれを費やしてほしいと思ってしまうんです。

しかし、このエキシビションマッチ次第ではこの流行は続いていきそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました