デイビッド・モレルvsレノックス・アレン キューバの天才がプロ3戦で世界王者

toe2toeのYouTubeチャンネル
プロスペクト

デイビッド・モレルvsレノックス・アレン

デイビッド・モレル

2勝2KO
21歳
キューバ
スーパーミドル級
身長185cm
リーチ199cm
サウスポー

試合内容

モレルはキューバ人スーパーミドル級プロスペクト。
公式の体格が本当ならヘビー級並みのリーチを有します。
相手のアレンは22勝14KO1分。
南アフリカにあるガイアナ出身の35歳。

初回、アレンは咬ませ犬かと思いましたがスピードはあり、気力も充実しています。
モレルは長い両腕をアレンのガードの隙間に滑り込ませます。
パンチもあるしディフェンスも柔らかい。

初回から笑顔で余裕綽々のモレル。
差を見せつけます。

2回にアレンのカウンター食ったモレル。
膝が揺れました。

3回、アレンは下からの突破を試みますが長い腕に阻まれます。
そしてモレルはパンチがある。
時々見せる本気のパンチの迫力は本物です。

アレンは時々危険なヒットを奪われますが、気力が充実しており折れません。
果敢に攻めます。しかし技術には抗いがたい差があります。

終盤はアレンもモレルもスローダウン。
アレンは前へに出るも手が出ず。
ボディーショットはモレルの長い腕に防がれます。

チャンピオンシップラウンズはリードしているモレルの方が余力を残しており、手数を増やしてアレンへ迫ります。
アレンはスタミナ切れで攻め切れません。

UDでモレル。

感想

キューバ本当に才能の宝庫。
モレルも例にもれず逸材。
しかし今日は不用意な被弾がありました。
ベナビデスやカネロのパンチなら終わってもおかしくありません。

今日は余裕を見せましたが、本気を出せばこんなものではない…はず。

コメント

タイトルとURLをコピーしました