アンソニー・フォウラーvsアダム・ハーパー 英国期待のパンチャー

toe2toeのYouTubeチャンネル
プロスペクト

アンソニー・フォウラーvsアダム・ハーパー

試合内容

イギリス人全勝対決でスコット・フィッツジェラルドとの接戦を落としましたが、本来はオリンピアンフォウラーが勝つと期待されていた試合でした。
あれから1年半この試合を含めて4試合を経験しています。
パワーがあり期待のプロスペクトです。

相手はアダム・ハーパー9勝1敗。
フォウラーの調整試合的な意味合いが強い試合です。

フォウラーは初回からボディーショットを狙いハーパーの腹を叩きますが、ハーパーはローブローを激しくアピール。

2回も強烈なパンチを上下に散らすフォウラー。
ハーパーもただやられに来たわけではないようで、時々逆襲してヒットを奪います。
フォウラーも集中しきれていないのか不用意な被弾が目立ちます。
この回レフェリーはフォウラーのローブローを減点。

4回に右のカウンターでハーパーがダウン。
深刻なカウンターに見えましたが立ち上がります。
ハーパーはベルがなるまで滅多打ち。

その後ハーパーは粘りを見せますが無駄にダメージを蓄積しただけ。
7回までひどく殴られ続けました。

感想

最近のボクシングはずっと調整試合が続いています。
勝敗の分かり切った練習のような試合ばかりで飽きてきますね。

アンソニー・フォウラーvsスコット・フィッツジェラルド 全勝英国プロスペクト対決
試合内容 9戦全勝8KOvs12戦全勝9KO。 フォウラーはオリンピアン、フィッツジェラルドはイギリス国内での実績があります。 アマチュアの実績を鑑みるとフォウラーが本命でフィッツジェラルドが勝てば番狂わせになります。 サイ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました