苦労人対決 ライトヘビー級エリミネーター

toe2toeのYouTubeチャンネル

ジョー・スミスJr vs エレイダー・アルバレス

苦労人スミス

ドミトリー・ビボルの並外れたスピードと技術に負けてしまったものの、ジェシー・ハートを退けバーナード・ホプキンスに引導を渡したスミス。
一発の威力に優れた意外性のある選手です。

下の動画に移っている労働者がスミスです。
彼はまだ肉体労働を続けています。

Joe Smith Jr Back To Work After Win On Saturday Over Jesse Hart

実力者と戦い力を証明しているスミスですが、王座まであと一歩及びません。

苦労人アルバレス

その意外性満点の苦労人スミスと戦うのがコバレフを破り王座に輝いたエレイダー・アルバレスです。

アルバレスも長らく世界挑戦の指定席についていましたが、当時ベルトを保持していたアドニス・スティーブンソンには避けられ続けた時期が続いていました。
ようやく巡ってきたベルト挑戦の相手はコバレフ。
ウォードに負けていたとは言えコバレフは未だに強力な王者だと認識されており、下馬評は大きく不利と出ていました。
実際に試合はコバレフの破壊的な攻撃に押される展開が続いていました。

しかしアルバレスはコバレフの容赦なき攻撃に耐え続け逆転、悲願の王座につくことができました。

苦労人の両者はまだまだ地位と名誉を満足に手に入れられていません。
渇望しています。

スミスのスタイルからして激戦は必至でしょう。
アルバレスは手数は多くはありませんが、一発の破壊力はスミスに負けていません。
またカウンターなどのボクシング技術に関してはアルバレスが一枚上手。

旺盛な手数とホプキンスをリング外へと弾き飛ばしたパワーでスミス先手を打ち、コバレフ戦のようにアルバレスが迎撃する内容になると思います。

手数とパワーでスミスが押し切るか、スキを突いてアルバレスが撃沈するか。

そう何度もチャンスは訪れないことを知っている両者の対決は死闘になるはず。

ジェシー・ハートvsジョースミスJr あと一歩の二人
試合内容 ジョー・スミスはバーナード・ホプキンスに引導を渡した男です。 25勝20KO2敗。KO率通りパワーはありますが上手くありません。 素晴らしいものは持っています。 ハートはヒルベルト・ラミレスやサリバン・バレラと互角の実...

今週末に行われるこの試合からは目が離せません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました