ディリアン・ホワイトvsアレクサンダー・ポベトキン

toe2toeのYouTubeチャンネル

ディリアン・ホワイトvsアレクサンダー・ポベトキン

試合内容

ホワイトは現在ジョシュアに負けてから11連勝中。
ルイズにジョシュアが負けるまでは最もジョシュアを苦しめた男でした。
戦績は27勝18KO1敗。
左フックを得意としています。
スタミナがありません。

ポベトキンは元世界王者。
クリチコとジョシュアという巨人に負けていますが、同体格の相手には負けたことはありません。
戦績は36勝25KO2敗1分

身体のサイズはホワイトがやや大きく見えます。

初回はポベトキンの方が手数が旺盛。
ホワイトはポベトキンの打ち終わりにカウンターを狙います。

2回も積極的に仕掛けるのはポベトキン。
ホワイトはジャブを突きながらカウンターを狙います。
それにしてもヘビー級に恥じない大迫力の試合です。
いつ終わってもおかしくありません。

3回、なんだか動きの重いホワイト。
スピードのあるポベトキンの後手に回ります。
ポベトキンはクリーンヒットはないものの手数で上回ります。

4回に開始早々ポベトキンがホワイトのパンチを続けてもらってダウン。
ホワイトは急ぎません。
ダウンが嘘のように積極的なのはポベトキン。
しかしそれが仇となりました。
ホワイトの左アッパーカットがヒットし再びダウン。

5回、ポベトキンがお返しとばかりに左のアッパーカット。
ホワイトがリングの外へ弾き飛ばされるダウン。

レフェリーが直ちに試合を止めました。

感想

ホワイト途中から動きが良くなって2度もポベトキンを転ばしましたが、逆転を許しました。
スピードに優れるポベトキンとアンディー・ルイズとの試合が見てみたい。

コメント

  1. ムーンサルトをする森光子 より:

    ポベトキン、10年ぐらい前にクリチコ兄弟の隙をついて戴冠してたぐらいの評価でしたが…どうなんでしょう。ホワイトが悪すぎる気もします、膝でも壊してるんですかね。
    しかしもう40歳ですか…正直なところ、その内デュボアとかジョイスとかアジャクバの踏み台にされる気がしますが、その辺とやって無事で済むのか心配です。

    • とぉとぅぉとぉ より:

      ホワイトの動きが悪いのはいつものことですが、一瞬はこの日のダウンを奪ったパンチやジョシュアをグラつかせたパンチなど光るものがあるんですよね。
      コンディションを改善できれば、もっと強いと思いますがどうでしょう。

タイトルとURLをコピーしました