ライト級のロマチェンコは支配的とまではいかない

toe2toeのYouTubeチャンネル
コラム

ワシル・ロマチェンコvsテオフィモ・ロペス

破壊的なテオフィモ

ロマチェンコとテオフィモ・ロペスの4団体統一戦となる試合は10/17、日本時間だと10/18にセットされました。
日本ではテオフィモ・ロペスファンより、圧倒的にロマチェンコファンの方が多いというのが私の感覚です。

5輪二連覇のロマチェンコは現役では当然として歴史的にも間違いなく優れた選手でしょう。
テオフィモに対しても有利は揺らがないはずです。
しかしボクシングに絶対はありません。

テオフィモはキャンベルやリナレス、ペドラサなどこれまでロマチェンコが戦ってきた”技巧派”のライト級とは一味違います。

リナレスやキャンベル、ペドラサは間違いなく実力者ですが決してライト級で”破壊的”な拳を有しているわけではありません。
ロマチェンコはリナレスのカウンターで尻餅を突き、キャンベルのボディーブローを効かされました。
現役屈指の技巧派ペドラサはスタミナと集中力が切れる後半まではロマチェンコに食らいついて互角に近い戦いを見せてくれました。
リナレスやキャンベル、ペドラサへの勝利でロマチェンコはその評価を固めたことも事実ですが、ロマチェンコへの疑問とテオフィモへの期待が露わになったことも事実です。

もしテオフィモのライト級でも屈指の破壊的な拳が当たってしまえば…
もしロマチェンコのスピードと技術に押されながらもテオフィモが一発をねらいつづければ…
コミー戦の再現のようになっても私は少しも驚きません。

世界中のロマチェンコのファンを落胆させる姿も容易に想像できます。

ライト級では支配的ではない

ロマチェンコのフェザー級やスーパーフェザー級での強さは、疑いの余地なく支配的でした。
戦った者は誰もがみな自ら勝利を諦めるほどの、観戦している私達が感じる以上の差がありました。
しかしライト級のロマチェンコはスーパーフェザー級ほどの支配力はありません。

ロマチェンコがライト級で苦戦を始めた理由の一つには体格差が挙げられます。
体格で勝るルーク・キャンベルやリナレスには効かされる場面もあり苦戦したと言える試合でした。
3階級を制覇したロマチェンコと言えどここが限界、スーパーライト級以上は跳ね返されてしまいます。
ロマチェンコ自身もそれを認めライト級4団体統一戦の後はスーパーフェザー級へ戻ると公言しています。

しかし体格だけがロマチェンコ苦戦の原因ではないはずです。
ペドラサは元々スーパーフェザー級で、リナレスの初世界タイトルはロマチェンコと同じフェザー級です。

もう一つ、選手層の厚さが挙げられます。
スーパーフェザー級以上は体の大きな外国のファンの需要が大きくなります。

フェザー級やスーパーフェザー級を制した選手は高額な報酬を求めて当たり前のようにライト級に主戦場を移します。
ロマチェンコが体格はさほど違わないホセ・ペドラサに苦しめられた理由はこれでしょう。
ペドラサはデービスやロマチェンコの強烈な輝きにかき消されているものの、スーパーライト級のプロスペクトとも渡り合える逸材です。
ライト級にはロマチェンコがおもちゃにしたマリアガやウォータースとはレベルが違う、もう一歩先のレベルの選手が集まっています。

ライト級は下の階級から人材が流れてくる階級でタレントが豊富であるということもロマチェンコが苦戦を強いられる理由の一つとなっているはずです。

ライト級の人気選手を見渡してもスーパーフェザー級より競争が激しいことは明らかです。

ライト級最強 ランキング | toe2toe - とぉとぅとぉボクシング
PFPのロマチェンコを筆頭にテオフィモ・ロペス、ジャーボンテイ・デービス、ライアン・ガルシア、デヴィン・ヘイニーとアメリカの天才が勢ぞろい。 さらにリナレスもスーパーライト級から戻ってきました。 今年一番熱い階級です。 ロマチェンコの階級 ライト級 58.967 - 61.235kg 1位 テオフィモ・ロペス 16勝1...

ライト級ではライアン・ガルシアと双璧をなすであろう破壊的な拳を持つテオフィモ・ロペス。
パワーだけではなく、ライト級を勝ち抜いてきた技術も持っています。
ポーカーフェイスを貫き、”精密機械”の異名を持つ経験豊富なロマチェンコと言えど、テオフィモの運動能力に動揺を見せるかもしれません。

テオフィモ
ロマチェンコを倒し、彼のライト級での覇権を終わらせる。
俺の拳で彼の顔に痣を作ってやるのを楽しみにしているよ。

ロマトレーニング

ロマチェンコはビルドアップされたように見えます。

Vasyl Lomachenko CRUSHING TRAINING For Teofimo Lopez!

ライト級は層が厚い。
ロマチェンコも盤石とは言えず、テオフィモに不覚をとる確率は低くはない。

ボクシング プロスペクト ライト級
ロマチェンコを筆頭にライアン・ガルシアの参入にデビン・ヘイニーの快進撃、リチャード・コミーvsテオフィモ・ロペスの暴力対決。 なんだか盛りがってきたライト級プロスペクトを整理。 迫るロシア スルタン・ザウアーベク 8勝6KO ...

コメント

  1. ムーンサルトをする森光子 より:

    個人的にはここまでのパフォーマンスは、相手の質を考慮してロペスとガルシアはそう差がない(もちろんロペスが上です)と思います。
    しかし、vsロマチェンコを想定すると、ロペスは勝利のイメージが湧くのに対してガルシアは何試合やっても永遠に当たらない気がします。
    何が要因かはわかりませんが、何かあるんだろうと思いロペスに期待しています。

    • とぉとぅぉとぉ より:

      コミー戦は結果一発ですからね。
      期待せずにはいられません。

      アメリカ人が勝った方がボクシング的にはプラスなのかなとも思いますね。

タイトルとURLをコピーしました