エギディウス・カバラウスカスvsミカエル・ゼウスキ クロフォードの強さが際立つ

toe2toeのYouTubeチャンネル

エギディウス・カバラウスカス

試合内容

カバラウスカス、ゼウスキ両者ともに1敗を経験しています。
ゼウスキは当時全勝だったロシアのプロスペクト、ポノマレフに負けています。
ポノマレフは地味に強いプロスペクトでしたが、現在2連敗。
そこからは7連勝しています。
戦績は34勝23KO1敗でスピードが武器。

カバラウスカスは世界タイトル初挑戦でエロール・ペンスとウェルター級最強の声を二分しているクロフォードと戦いKO負けしています。
21勝18KO1敗の戦績通りパワーが売り。

両者ともウェルター級戦線へ踏みとどまるには勝利が必要になります。

テレンス・クロフォードvsエギス・カバラウスカス PFPファイターvsミーン・マシン
試合内容 ミドル級進出を仄めかしているクロフォードはカバラウスカスのパワーに苦戦は許されません。 カバラウスカスは元オリンピアン。 やっと回ってきたチャンスです。 負けるわけにはいきません。 クロフォードはウェルター級の身体を...

ゼウスキがやや大きいか。
初回からまばたき禁止の熾烈なペース争いを見せる両者。
カバラウスカスに並々ならぬ気力を感じます。
見切りとカウンターが特に際立っています。

ゼウスキの右のカウンターも光りますがカバラウスカスの方が安定感があります。

5回からカバラウスカスが手数を増やしジャブとボディーショットがコツコツと当たりゼウスキの体力を奪います。
ゼウスキも危険なパンチを放ちますが、カバラウスカスのジャブが止められません。

7回残り10秒、カバラウスカスが芸術なカウンターのアッパーカットをヒット。
腰が落ちたゼウスキへパンチをまとめてダウンを奪いました。
鮮やか。

7回開始直後カバラウスカスが速攻!
貫禄のあるフィニッシュを決めました。
渋すぎるぞカバラウスカス。

感想

かなり高いレベルの試合でした。
カバラウスカスもゼウスキも気力が充実し見ごたえは十分。
カバラウスカスはウェルター級戦線へ踏みとどまるどころか、もう一度クロフォードへの再挑戦をも期待させる内容でした。

カバラウスカスが強かっただけに彼を後半圧倒したクロフォードの強さも同時に際立ちました。

ウェルター級最強 ランキング
ウガスが試合を終えたので更新。 ウェルター級ランキング ウェルター級 63.503 - 66.678kg 1位 エロール・スペンス 26勝21KO 29歳 177cm KO率80% ガルシアやポーターといったビッグ...
ボクシング プロスペクト ウェルター級
ウェルター級は旧共産圏のやばいのがうじゃうじゃ。 東からの脅威 バージル・オルティス 15勝15KO 21歳 アメリカ 身長178cm リーチ178cm KO率100% 全KOのスター候補生。 ブラッドソロモンとアン...

コメント

タイトルとURLをコピーしました